機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #29 「出世の引き金」

落とし前。


 途中介入はあったものの、見事三日月は、夜明けの団の団長、サンドバル・ロイターを見事打ち取ることができました。ジュリスさんはだいぶフラストレーション溜まってたんでw 再会時がちょっと心配(^_^;)
 夜明けの団と同じように、鉄華団を羨んでる組織はまだまだいるのなら、鉄華団はそれをすべて薙ぎ払っていく。オルガたちの決意はとっくにもう固まっていました。

 所謂「落とし前」もつけ、鉄華団は大きな報酬を得て、さらなる規模拡張の道筋ができた。おまけにガンダムフレームまでもが。もう1機はMAだろうか。。

 さらにマクギリスとも面と向かって会話し、鉄華団は正式に共闘することを約束。彼はセブンスターズの一人ではあるものの、正直その他はほとんど敵といっても過言ではないし、目下のラスタル・エリオン、イオク・クジャンたちと比べても、まだまだ対等に戦えるレベルには達していない。もう少し規模を拡張するか、或いはこちらももう1部隊くらい追加しないと。


 結構特殊な三つ巴な戦闘は面白かったです。特に鉄華団はいろいろ立場が危ういから全力でジュリエッタさんたちとは戦えない。でも彼女たちはお構えなし(^_^;) 三日月さん、いつかブチ切れてぼっこぼこにしそうw サンドバルさんの機体も最終的には「物理」でぼこぼこでした。基本鈍器ってのがバルバトスの力になってるなあ(^^)

 次回はより多くのキャラが集結しそう。仮面の方次回は出番ありそうです。



RAGE OF DUST(期間生産限定アニメ盤)
SMAR
2016-11-09
SPYAIR


Amazonアソシエイト by RAGE OF DUST(期間生産限定アニメ盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

J-YUN
2016年10月23日 23:02
海賊組織の親玉を捕縛し莫大の報酬を得、その過程で新戦力確保やギャラルホルン火星支部と提携と非常に順調といえますが果たしてこの先どう出るか緊張感が溢れる展開です。果たしてその先は栄光か破滅か。
2016年11月07日 23:25
 大いに波がわかりやすく描かれつつも、三日月の容赦ないフラグ折りがあるだけに、展開が読めず、ある意味本当にどきどきです(^_^;) それでもビスケットのこともあるので、絶対じゃない。オルガの心が揺れない限り、きっと大丈夫なんだって信じたいです。

この記事へのトラックバック