夏目友人帳 伍 第十話 「塔子と滋」

静かに降り積もる幸せ。


 塔子さんと滋さんにスポットが当たるお話。今回は終始、大変ゆったりと、優しい時間でした。

 お話は夏目を引き取る前のときのもので、一羽の烏をきっかけに、塔子さんが思い出を振り返るところから。
 塔子さんも滋さんも、今と何も変わらず互いにマイペースで、そのペースが二人一緒な、理想の夫婦に見えます。同じペースだったから一緒に慣れたように思うなぁ。

 塔子さんが旅行先で、滋さんを思ってすっと涙を流す場面だけでも、彼女の優しさが読み取れました。
 そして滋さんも、夏目を引き取ると塔子さんに話す様子だけで、彼の優しさが伝わってきました。その優しさに涙する塔子さんがまた優しくて、優しくて(^^)


 ラスト、烏が一羽ではないですよ、と、視えた夏目。それをとてもまぶしく見えにくいと応えた塔子さん。その二人を見守っていた滋さん。本当に素晴らしい終わり、括りかたでした。
 多くを語らず、多くを告げず、それでももうすっかり家族としての絆があって、繋がっている。物語として、アニメーションとしては、という見方もあるだろうけれど、見ていきたい、これからも見続けたい物語でした。心に伝わる作品です。

 

 次回は夏目がまた?風邪なのかな。恐らくまた背負い込んだかな(^_^;)


夏目友人帳 伍 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス
2016-12-21


Amazonアソシエイト by 夏目友人帳 伍 1(完全生産限定版) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック