機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #40 「燃ゆる太陽に照らされて」

万死に値するとはまさにこのこと。



 前回の流れどおり、過去が触れられ、名瀬・タービンはアミダ・アルカとともに逝ってしまわれました…

 特に大きな変化・動きもなく、本当に「予定通り」にすべてが恙なく執り行われたように思います。強いてあげれば、イオクがいる以上これから何度も、非道が繰り返されるだろうということが確定しただけかな。今回もぎりぎりで生き残ったことから、どうあってももう最後の最後まで残りそう。それであればいっその事、これでもかってくらい、過去の償いを償わせきって、三日月によって退場されていってもらいたい。なんの同情も沸かないキャラに昇華しました。

 ジュリエッタの新機体初陣ではありましたが、そこはいくら機体性能差があろうとも、それを動かすのは人、パイロット。暦年の戦績を持つアミダにとってはさほどの脅威にはなっていなかった。アミダは彼女との戦闘そのものをやり過ごしたい一心だったからかもだけど、でも一対一で戦っても、恐らくアミダが勝利したんじゃないかな。

 どれほど大きな組織の中にいたとしても、いや、大きい組織だからこそ、簡単に切り捨てられるリスクが常にある。オルガは今回のことをどう捉えて、進んでいくのか。

 家族を守れ。

 彼にとっての家族とは、やはり鉄華団の域を出ることはないのだろうか。。


 またしても退場者。これもまた大きい痛手でした。依代を失ったに等しい今回の出来事。どう舵取りをしていくのか・・・ 

 


機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 1 (特装限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル
2017-02-24


Amazonアソシエイト by 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 1 (特装限定版) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック