地獄少女 宵伽 第二話

思いあった相手を怨むこともある。


 女性お笑い芸人。実際、最近あまりお笑い見れてないけど昔より断然増えてきていて、競争率も上がってそうな世界。

 売れるために。

 ほんの思いつきで自身を演じることにしたハルさん。でもあまりにも相方のナナコさんの、自分への陶酔っぷりが重荷となってしまいスランプに。。
 悩んだ挙句、ハルが取った行動は、ナナコさんにも伝わっていました。

 あの日結んだ指切り。
 そして解かれた赤い糸。

 始まりは唐突ではあったけれど、共に苦楽をともにして、やっと昇りつめた今の地位。日々に充実を感じていたのにもかかわらず、ハルさんからは何かが少しずつ失われつつありました。
 互いが互いを思い合っていたからこその選択でした。依存していたのはナナコさんであり、ハルさんでもあったこと。だからもう離れたくない。離れるくらいなら・・・

 冒頭、ハルさんは一旦は踏みとどまったものの、ナナコさんは留めませんでした。恐らく言葉通り、ナナコさん自身もすぐ後を追っていってしまったんだろうな・・・

 今回は地獄ツアーはカット。もう十分わかりあっていたしね・・・


 誰かが悲しんだというか、悪いとかいうお話ではありませんでした。あーなってしまっては遅かれ早かれ、な流れ。思い詰め、もっとも身近といっても過言ではなかったであろう相方に伝えられなかったことが、始まりだったのかもなぁ。それには前の相方のせいもあったんだろうし・・・

 今回もどこにも救いのないお話で(^_^;) 平常運行でした。新しくでてきた子は自分を忘れているという状況らしいけど、、あいちゃんの側にいることで何か戻る見込みでもあるんだろうか・・・



 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック