LUNE BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第6話

<<   作成日時 : 2018/02/18 18:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

いつか、どこかの空の下で。


 もうこれはずっと感動し続けてしまうパターンに入ってしまったかもしれないなぁ(^_^;) 劇伴も、もうどれをとっても素晴らしく、いつものようにその映像は心から美しいと思えるものばかりで、その上で彼女、ヴァイオレット・エヴァーガーデンの成長は著しい。彼女には退役した今、その時々、最も必要な人が現れているように思います。それは彼女の目的に沿った、という意味で。まるで一つひとつの感情を組み上げ、咀嚼し理解していくかのように。そしてその感情を心から噛み締め、自身のものとし、その上で、じゃあ自分が感じている大佐への感情はなんなのか。大佐が自分に対して言った「愛している」とはどういう想いだったのか。


 写本家とのペアな特別なお仕事。男女でペアってだけでなんかもう不穏な感じしかしなかったところはあったけどw ヴァイオレットのペア相手、リオンさんはちょっと他の人とは違う趣がありました。
 彼は彼のストーリーが、もう少しゆっくり見てみたかった気もしましたが、彼もまた、彼女と出会うことで変わることができたことは、よりいっそうこの物語を深くしていったと思います。

 本当に自分がしたいことはなんだったのか。本当に自分が好きだったのは、愛していたものは何だったのか。それはたとえそれに気づけずに過ごしてきてしまった時間を否定したとしても、それでもやはり求める未来を選ぶ他無い。なんだろうな。良し悪しなのかもしれないし、後悔をしたくないってのも大きいと思う。でもまず何よりも気づくこと。そしてその気持ちに、想いに嘘をつかない、つきたくない、と思うことができるかじゃないかな。リオンはヴァイオレットを見て、そう気付かされたんじゃないかと思いました。

 彼女はいつだって、どんなときであっても、大佐しかない。彼女は彼を、彼女の世界そのものとまで考えていました。もうそこまで考えまとまっているのなら、、、と思うけど、であればもし彼女がこのまま彼に出会うことがないのだとしたら。。彼女の世界はとっくの昔に終わっていたのだとしたら・・・


 前回との繋がりがまったくなかったのは、どういう時間軸だったのかとても気になったまま。どうなっていくのだろう。。もう不穏なシーンはほんと見たくはないのだけれどなぁ。




ヴァイオレット・エヴァーガーデン1 [Blu-ray]
ポニーキャニオン
2018-04-04


Amazonアソシエイト by ヴァイオレット・エヴァーガーデン1 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ヴァイオレット・エヴァーガーデン #6
ヴァイオレットたちが、天文台の古い書物を保存するために呼び集められるお話でした。 ...続きを見る
日々の記録
2018/02/19 19:53
ヴァイオレット・エヴァーガーデン TokyoMX(2/14)#06
第6話 どこかの星空の下で&nbsp;アストレア国のシャヘル天文台で大量の保存状態の悪い書物が持ち込まれた。読むだけでも壊れそうな状態なので写本係とドールのペアで 解読と写本を行うことになる。2週間の作業に80名のドールが集められた。ヴァイオレットは養成学校の仲間、ブルーベル、イベリー、ルクリアと再開する。ドロッセル王女の代筆は有名らしい。&nbsp;リオンは何故だかドールを好ましく思ってい... ...続きを見る
ぬるーくまったりと 3rd
2018/02/20 23:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

スパム対応のため、コメントは一度保留になります。
ご了承くださいm(__)m


ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第6話 LUNE BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる