ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第13話

生きて、生きて。


 無事前回からの戦いはぎりぎりのところで事なきを得ました。ヴァイオレットの両腕はかなりな大破ではありましたが、無事そこは機械故か、すぐ修理できてて、またドールとしての仕事も問題なくこなしてくれていました。

 ギルベルト少佐の兄、ディートフリートに連れられて彼等の母と会った場面では、彼女のブローチをみて、彼女と同じことを言ってくれたその母に、ヴァイオレットはとても平静を保てず、彼女が自分と同じように彼のことを愛しているのだということを、気付き涙していました。ヴァイオレットは事、ギルベルトのこととなると、もう全然涙が溢れてくるようになっていたこと、大きかったです。

 そして彼女が書いた初めての手紙。最初はうまく書けなかったのも、書けるようになりました。

 心の中にあり続ける。忘れようとは決してしない。思い出すことでつらい気持ちを繰り返すことになるとしても、それでも忘れることを選ぶことはしない。彼の母のように、ヴァイオレットも、受け入れつつ、そして信じることをやめないことを決めた。そんな手紙だったと思います。

 思い込めて書いたのであれば、その手紙は必ずその相手に伝わる。言葉でこそ伝わること。相手がどういう気持ちでその言葉一つひとつを選び綴ってくれたのか。そう考えを巡らせることができるのも素敵なことだし、ふとした瞬間、机の引き出しから出てくることもあるでしょう。そんなときに意図せず読み返し、あの時のことを思い出すこともあるでしょう。
 まだ見ぬ相手。もう出会えない相手。これから出会うであろう相手。それぞれにそれぞれの思いを込めて残すことができる。手紙の素晴らしさは、もう十分この作品で伝わってきました(^^)

 彼女が「愛してる」を少しでも理解ができたと、自分で言えたこと。何よりも嬉しいことでした。心からヴァイオレット・エヴァーガーデンのことを素敵な人だと思えました。


 とにかく自分がこれまで見てきたどのアニメーション、もしかしたらどの映像作品、といっても過言ではないほどに、この作品ほど涙が流れた作品は過去にありませんでした。ものすごい大きな、衝撃的な場面があったわけでは決してないのだけれど、それでも個人的には10話のお話がもう忘れられません。今思い返してもちょっとなんであんなに涙が止まらなかったのかと思ってしまうところもあるのだけれど(^_^;) もう一生忘れられないんじゃないかな・・・

 Blu-rayの新規1話に加えて、新シリーズの発表は大変に想定外。あまりに好きになってしまっただけに、この先は逆に、という気持ちが今はまだあるのだけれど、どんな形であれ見てはみたいです。できればヴァイオレットの笑顔をたくさん見れるお話だといいな。

 もちろんこの作品に出会うことが出来て本当に良かったです。来月からはBlu-rayを毎月楽しみにしていき、新シリーズを待ってみます。



 
 

ヴァイオレット・エヴァーガーデン1 [Blu-ray]
ポニーキャニオン
2018-04-04


Amazonアソシエイト by ヴァイオレット・エヴァーガーデン1 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ヴァイオレット・エヴァーガーデン TokyoMX(4/04)#13終

    Excerpt: 最終回 第13話 自動手記人形として「愛してる」 ディートフリート大佐を守ったヴァイオレット。メルクロフ准将の銃弾も義手で防ぐが遂に右腕が破壊されてしまう。特使を狙う准将を阻止するヴァイオレ.. Weblog: ぬるーくまったりと 3rd racked: 2018-04-07 07:12
  • ヴァイオレット・エヴァーガーデン #13

    Excerpt: 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」も、ついに最終回です! ブーゲンビリア大佐と共に、和平反対派と戦うことになってしまったヴァイオレット。もう誰も殺したくないという言葉通り、ヴァイオレットは敵を.. Weblog: 日々の記録 racked: 2018-04-07 23:19
  • 第13話 自動手記人形と「愛してる」

    Excerpt:  ヴァイオレット・エヴァーガーデンの第13話~今シーズン放映上の最終話について、遅ればせながらレビューをお届けいたします。  年度末故の疲労と体調不良、という私個人の事情があって遅れたことが大き.. Weblog: Old Dancer's BLOG racked: 2018-04-12 09:02