フルーツバスケット 第14話

「僕は、ママを助けてあげられたのかな・・・」  紅葉君。彼もまた、重い、とてもあんな小さな体では支えきれるはずのないであろう、過去を、柵を背負っている子。  母親からしてみれば、それは至極当然の反応なのだろうと、納得せざるを得ないところがあるだけに、余計に辛く、切なく感じてしまう。両極端はあるとしても、恐らく総数的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more