攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 第24話

いよいよ動き出しました。そう、前回とほぼ同様に、
スタンドプレイから生じるチームワーク。

総理大臣は更迭。ゴウダのラストのシナリオ、
すべてを自分の手で終わらせることができてこその、コントロールであり、ストーリーとなる。
その異常なストーリーはもはや人のなせる業ではないおぞましいものでした。

なんとか出島に潜入できた少佐、でもみんなと離れ離れに。
こうなっては誰もが、どの部隊も操られているように見えてきます(>_<)

プロトくん、、

すべてを打開するにはやはりクゼを頼るしかなさそう。クゼだけは操作対象ではないような。
トグサ君の出番がここにきて徐々に。なんとか脱し、原潜を・・・。せめてその情報を少佐に、、

少佐とクゼ二人がきっとなんとかしてくれます。核の脅威は未来永劫です。
いつの世もあってはならない存在。すべてを持ってして食い止めることで、
ゴウダの思想も、まだ撃ち下すことができると!!

盛り上がりすぎるほど盛り上がり、まだまだ新たな駒が、、
いよいよ来月最終章。楽しみです。

"攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 第24話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント