涼風 第6話

ピュアだ。透き通るような青春だ。思わず早送りしたくらいストレートでした(^_^.)

こういうの別におもしろいと思わないときが多いんだけど(荒んでるのか・・)
この作品は見てしまう。きっと珍しくヒロインがかわいいと思うからだろな。

大和君は別にダメダメじゃないと思う。
悩んで失敗してを繰り返してもうどんだけ緊張して慌ててわからなくなって、
そして思わず心に思っていたことを、そのまま伝えた。

「嘘じゃねえ!ずっと好きだったんだ!!
       初めて見たときからずっと、俺と付き合ってくれ」

今が壊れてしまうかもしれないとわかっていたけど、言わずにはいられなかった。
握ったままのその手をずっと離さずに、大和君は涼風ちゃんに告白。

ちょっと冗談に捉えられそうになったけど本気だと伝えた。

でもその握っていた手は、彼女から離れた。

「ごめん・・・」

明るく振舞いたくなるね、、態度が変わっちゃってるし。
大和君泣いちゃってたけど情けなくはないよ・・。

すごいスピードある展開だな。。
次回はやっぱり陸上部に入るんだね、大和君。ちょっと空回りな予感・・。

"涼風 第6話" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント