ツバサ・クロニクル 第21話

新種の鬼児がとうとう、やっと?姿を現してくれました。星史郎さん!


師匠・黒鋼先生はとても師匠っぽいし、小狼もすっごい弟子っぽい。
「っぽい」じゃなくてほんとに師匠と弟子になってはいるんですが(^_^.)

サクラちゃんは毎回ながらかわいい。
ファイさんと一緒にお買い物しているときの服装もまた実にかわいい(^_^.) 幸せになります。
小狼君のためがんばっていい顔。モコナももちろんかわいくてメキョっ!が久々。


黒鋼先生に目隠ししして家に帰りなさいと命じられて、途中で鬼児、龍王君と会って、
そのままもう目隠しはつけることなかった小狼君だけど(^_^.)
とうとう新種の鬼児と対峙する事となりました。


この桜都国の鬼児はすべて国によって管理されていると、ファイさんは読みます。
その管理から逸脱した存在、それが新種の鬼児と呼ばれる男、星史郎さんでした。
桜塚護の星史郎さんです♪
 それほどCLAMPさんの作品は読んではいないのですが、
 東京BABYLONがが一番好きです。
 漫画も、そしてあのOVAも。あのOVAは本当に好きで何度も見たなぁ
 あ、DVDでは持ってない・・。今度買いに行こう。


さりげなくファイさんが自分の事をちょっとだけ語っていたのは珍しいな。
この国にきてからファイさんが今までとちょっとだけ変わってきたみたいに見えます。
織葉さんの歌「風の街へ」。ほんとにいい。サントラ買おうかなぁ
これもFictionJuction。最近ずっとFictionJuctionばっかりだけど、好きなものは仕方ない(^_^.)


ちゃんと物語もおもしろくなってきて良いカンジです。
今回はちらっとキンヤさんがいらっしゃってました。どっちだったんだろうw
青い服のほうだよね、たぶん(^_^.)

次回もまた新しい方が♪小狼君どうなっちゃったんだろ。

"ツバサ・クロニクル 第21話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント