ツバサ・クロニクル 第24話

くろりん、最高の見せ場到来!
いよいよ終盤です。


倒されたと思った小狼君たちでしたが、
実際彼らがいたその場所は「フェアリーパーク」と呼ばれる仮想世界でした。
ようは夢だったんだね。いろいろヒントがちりばめられててよかったです。

しかしその仮想世界のものが、そのまま現実世界へ現れてきた。
それは星史郎さんが操っているサクラちゃんの羽の力のせい。

くろりんは星史郎さんに小狼君たちがやられたと聞かされ、
やりたいようにする、と言い残し、星史郎さんに戦いを挑みました。互いに本気の力で。
もうそこは現実世界ではありましたが、
最初っから現実だと思ってたくろりんには問題じゃなくなってて、
ただ強い奴と戦うことができる、ということしか頭になかったみたい。

自在な攻撃を仕掛けてくる星史郎さんを相手に、くろりん全く負けずに応戦。
相当かっこよかったです。漢です。

しかしその場に事態をすべて知った小狼とモコナが。
モコナの口からなんか出て(^_^.) 戦いは休戦となります。
あれ、なんか手紙みたいのがくっついてたけど。侑子さんからかな。

そして星史郎さんはイの一の鬼児を呼び出すことに成功。
出てきたのは織葉さん!織葉さんの歌ほんといい。


今回一番活躍したくろりん。でもたぶんまだくろりんだけ事態が飲み込めてない、
っての想像するとちょっとおもしろい(^_^.)

千歳さん久々にみたなぁ。もうだいたい覚えてません・・。
記憶を簡単に消せちゃうなんて、すごい世界でした。
あとファイに喜び飛んでいったモコナが激しくかわいかったです(^.^)


次回昴流?って聞こえたけど。北都ちゃんも出るのかなー
あー、かなり楽しみー。クライマックスです。

"ツバサ・クロニクル 第24話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント