涼風 第20話

マネージャーに依存する部活。いいね(笑)
なんだかんだいったって、"いつもの環境"ってすごく大事で影響力大きい。


別れて互いに沈んでいた秋月君と萌果ちゃん。

先に立ち直ったのは萌果ちゃん。
奈々ちゃんとお話して、自分にもっと自信を持てていれば、そう思い少しだけ立ち直れました。
かつてないこの前向きさ。ほんとにこんな娘どこ探してもいないです、絶対(^.^)
秋月君に一体どれくらいの魅力が、萌果ちゃんに見えるのかは本当にわかりませんが、
そのポジティヴな考えは、尊敬に値する優しさと明るさ、そして大きな心だと思います。


そして秋月君。彼はちゃんと考えてたからなぁ
あれを成長、って言いたい(^.^) 美紀ちゃんも納得してお好み焼きです。
やっぱ関西の方や広島方面の方、ってあーなのだろうか(^.^)
ちゃんといろいろ理由ついてるし、納得しそうだったけど美紀ちゃんにはただうざいだけw

おかげで秋月君も立ち直ったけど、それは美紀ちゃんの力を借りてのこと。
それでもちゃんと気づけたしな。よかったのかも。
それに美紀ちゃん全開でした。
なぜあんなにかわいくていい娘ばっかなんだ(^.^) ポニーテール好き。


美紀ちゃんはすぐに秋月君の嘘を見抜けたのに、
涼風ちゃんはぜんぜん。でもそれって涼風ちゃんだから気づけなかったってこと。
また鈴鹿ちゃんはピリピリしたモードになっちゃったけど、それはそれでね。

次回「後悔」。
まだまだすんなりいかないみたい。もうあと6話か・・。早いなぁ。


あと、小早、川君の扱いは触れなくてはいけない気がしたw
隙を突くその行動、それは息ではない、作戦。
しかし秋月君には名前間違われ、萌果ちゃんには見向きもされず、大きな動揺もw
泣いて走り去っていったな・・・・・。全く意味を成してなかったけど、再登場はあるんだろか。
萌果ちゃん、間違っても彼には・・・w

"涼風 第20話" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント