甲虫王者ムシキング ~森の民の伝説~ 第34話

森の守護者と呼ばれるポポ君。彼はまだ、決して森を守っているとは言い難い。
それでも彼を常に守ってくれていたのはムシキングでした。
彼を選んだのは、大いなる森の、大いなる意思。


戦いの中、傷つき倒れ動かなくなってしまったムシキング。
そのムシキングに対してポポ君は自分がなぜ森の守護者なのか、
なぜ自分はここにいるのか、生きる意味から、わからなくなっていました。

でもパムは答えてくれた。

「森の守護者は森を守り、森の意思を森の民に伝える役目を持つ者。
 森の守護者を選んだのは森の意思。だから、ポポは選ばれし者と呼ばれている」


次の瞬間、ポポ君には森の声が聞こえ、森の光が見えた。
その光がムシキングを再び目覚めさせた。


ソーマ君は相変らず暴走一直線。
ビビたちの強い決意の前にも、尚立ちはだかり正しいのは自分だと主張する。
けれど戦いからその答えは見つかるんだろうか。


チョークは新たに甲虫を呼び寄せ、パサーの甲虫ネプチューンオオカブトが再び飛び戦う。
ビビたちを助けるため、誰から命じられるわけではなく、飛びました。
パサーもまた、ネプチューンと同様、ビビたちを守るため立ち上がった。
そのパサーを見て、ビビたちはパサーを助ける。。 だんだん泣けて来た。。。
ストレート過ぎても弱いです。


「森は生きている」

パムのその言葉の通り、森は息づいている。様々な表情を見せ、助け導いてくれる。
そこからは確かに、森の力を感じる。

ソーマと甲虫が襲ってきたとき、ポポは覚醒した。
紛れもなくそれは彼自身の力で、明らかに彼の守護者としての力となっていた。


ムシキングを守ることが森を守ること。
森はポポ君を守ってくれている、だからポポ君は森の守護者として森を守る。

それが運命を変えることとなる。

久しぶりに進んだ感じです。パサーがキーなんだな。
順々に組み立て、育っているポポ君がとてもいいです。
ほとんど守られることしかなかった彼が初めて、自分の力で守った。
これから彼の成長はますます加速していくこととなるでしょう。


次回は早速力の修行みたい。
ポポ君をひたすら応援です。

"甲虫王者ムシキング ~森の民の伝説~ 第34話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント