涼風 第23話

お話が、というか作品が変わってる(^.^)
こちらももうまとめに入ってるんだなぁ。なんだか寂しいです。


都大会に向けてがんばる秋月君。
急にがんばりだした彼になぜかイラつく涼風ちゃん。
やっぱり彼に自然と目を向けてしまう萌果ちゃん。
彼が誰を好きなのか知っているけどそれでも見ていたいと思っている美紀ちゃん。

誰にもゴールは訪れそうにはないんですが(^_^.) この作品も残り僅か。
原作未完だからここで区切るのはとても見やすくていい感じ。

日本一になる、っていう動機も、実際には陸上部に入部する、
って決めたときの動機とさほど変わらない秋月君。
きっかけや動機はなんだって、がんばれるんならなんでもいいよな。
ちゃんとした動機持っていたって中途半端じゃだめなんだし。


秋月君に何度か話しかけられても、どうしてもイライラしちゃってた涼風ちゃん。
流石の秋月君も怒っちゃったんだけど、そんな彼をみてびっくりして、
最後にそっと秋月君の服を掴んだ涼風ちゃんは、かなりかわいかった。
ここ最近そういうのがなかっただけに尚更かわいかったです。
あんなに怒ってたのに、いざ本気で返されたらガラっと変わってしまう。
今だからこそ?ありがちなのかもしれないけど、あれは揺らぐよ、どうしたって(^.^)
もともとそんな怒ってたわけじゃないしね。

でもサブタイの「激励」ってほんとこれだけだった(^.^)
部全体が彼を支えている、ってのも繋がるのかな。いい先輩たちだ・・。

もう美紀ちゃんは安信君と一緒になったほうがきっと楽ですw
彼、秋月君よりはいい男だと思うし。真っ当な感じがする。

てっきり萌果ちゃんはもう吹っ切れたのかと思ってたんだけど、
ぜんぜんでした。乗り越えてまた来た、って感じ。
このまま終わるといい意味で普通の最終回を迎えられそうです。


次回は終わりに向けての最後の転換かな。
結ばれちゃうのはやっぱいやだなぁ(^.^) 涼風ちゃんがかわいいから。

"涼風 第23話" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント