SHUFFLE! 最終話

この作品もとうとう終わってしまった。。
今期一番いろいろあって、一番熱意が伝わってきた作品だったと思う。

スタッフの力を最後まで感じられたこの作品は、大変素晴らしく、
この原作への愛がたくさんで(^_^.) どこまで注げるものなんだなぁと実感しました。

原作のストーリーが素晴らしかったということは言うまでもないんだけど、
だからといってアニメ化が必ずしも成功するとは限らない。
平凡なものに落ち着く場合もあるし、相乗効果を齎したり、さらには原作を凌駕する場合も。

スタッフのこの作品に対する熱意は尋常ではなく、
それを見事にTVシリーズで収められていたと思う。
残念ながら原作への思いは、原作をやっていないのであまり言えた立場ではないけど(^_^.)
ファンからは賛辞の言葉しかないんじゃないかなぁ
ここまでのものにしてくれたんだから、絶対にいい結果になったと思う。


亜沙さんにどうしても魔法を開放してほしかった稟君でしたが、彼女にはもう何を言っても通じず・・。
でも稟君は、彼女の今一番大切なものの中に、彼女自身がいないということ、
その大切なものの中に自分は必ず入っているという確信の中、彼は自らの手首を切った。

 手首を切っただけではあそこまで、凝固もせずに血がとめどなく流れる?、とか、
 それほど深い傷をカッターナイフだけでは、、とか、せめて水に浸けないと、とか、
 本気で自殺を考えるならば首を、、とか(稟君は本気ではなかったと思うけど(^_^.)
 リストカットのシーンを見るといつも思うことをまた思いつつもw
 血の赤さが鮮やかで怖かったです。


彼を救うため、いわば最終手段に出た稟君の考えのとおり、
亜沙さんは魔法を解放してくれて、彼も救ってくれた。

そして物語は静かに、終わりを迎えました。


もう最後はどちらでも、という覚悟の中見ていて、
前回のお話でこれはもう・・・、と思っていた中でのハッピーエンドだっただけにすごい嬉しかった。
誰の悲しい顔も見ることなくこうして最後終われてよかった。

Bパートではリムちゃんがエピローグ的な物語を案内してくれていてこれもまた最高のED。
亜沙さんの髪が長くなっててあれももちろんありです。
ラストの戦闘機?に乗ってたリムちゃんもなんかかっこよかったw


亜沙さんが一番好きなキャラになっていただけに、喜びも一入だったなぁ
彼女の心の弱さと強さはその落差も驚きでしたが、
どちらも非常に頑なで、どちらにも彼女の意思をきちんと感じられて。

何よりも生きる事。

大前提ではあるとしても、それよりも大切なことが時として見える。
誰が大事が、何が大事か。それを自分自身で常に都度判断していかなくてはいけない。
それが最善だったのか、とかはどうしたってあとにならなきゃわからないから、
だから後悔するんだし、反省する。
もう同じ過ちは繰り返さないように、もう同じ哀しみに触れないように・・・。


亜沙さんにとって生きる事よりもだいじなことは、お母さんであって、稟君になっていた。
あまりに強いその想いが、彼女自身を追い詰めていたけれど、
稟君も精一杯だったのかもしれないなぁ。彼もまた追い詰められていたから。



非常に濃い24話でした。ゲーム原作でこれほど詰め込められていて、
且つ、全体的な物語が崩れていない作品はほとんど見たことなかった。
選び抜かれたであろうこのEDもまた、素晴らしいものだったと思うと同時に、
もちろん見れて本当によかったと、心から感謝です。

彼らの作るアニメーションはまた是非とも見てみたい。
この「SHUFFLE!」だったからこそできたのかもだけど、きっと次もできるはず!
次回があれば大いに期待したいと思いました。

"SHUFFLE! 最終話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント