地獄少女 第17話

晴らせない怨み。

ここにきて物語が完全に変わってしまった。
かなり純粋なホラーなお話になっていました。
ニナちゃんの怪奇的な内容は別にそれほど、、でしたが、かなり美しかった。
それと骨女たちがあいちゃんの行動に勘付いた点は大きかったです。


つぐみちゃんたちがひたすらあいちゃんを追いかけ、今回は霧の中のサナトリウムへ。
ニナと呼ばれる少女が依頼者ではありましたが、ターゲットが不在。パソコンも不在。
どうやって呼んだのかは、もっくん曰く、「魂からのアクセス」だった。またわからなくなってきた・・。

彼女はもうずっと昔に死んだニナちゃん持っていた人形の意思でした。
彼女の代わりに、彼女に淋しい思いをさせた父親への恨みを晴らそうと、地獄少女を呼んだ。
けれどあいちゃんはそれはできないと伝えた。

ターゲットは恐らくもういなかったからか、どうか。
もしいたとしたら、なぜあいちゃんは恨みを晴らせないと言ったのか。
ニナちゃんが人間ではなかったから?じゃあなぜそこへ訪れた理由はなんだったのか。

いつになくわからないことが多いお話でした。
あいちゃんの意思も未だはぐらかされたままだったし。。

あいちゃんはつぐみちゃんを通して「来るな」、というサインを送り、はじめちゃんたちを呼び寄せた。
今回呼び寄せたのはニナちゃんのためだったのかもしれない。
彼らなら何とかしてくれると思ったのか、どうか・・。
でもそこにあいちゃんにとってのメリットはどこにあったんだろう。


碧く澄んだニナちゃんのその瞳は引き込まれてしまったらもう二度と戻って来れない。
それほど碧く透き通った美しい瞳をしていました。それに対照的な紅いあいちゃんの瞳。。

何となく終われそうな感じがしてきました。
何らかの着地点は用意されているような気が。


そうして次回はまたいつものパターンな感じ。どうしたいのか・・。
もういい加減あのパターンはいらないんで、どっちかに進んで欲しいなぁ。
あのお婆さん最近見ないな。。

"地獄少女 第17話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント