劇場版 機動戦士ZガンダムⅢ -星の鼓動は愛-

新説。


迎えられた三部作最終章。昨年からこの時を待っていました。
Ⅰを見てその期待はさらに高まり、Ⅱにてやや失速し(^_^;)
でもおかげでⅢはとてもフラットな気持ちで観ることができました。

この映画を見るに当たり、TVシリーズを見返してもいないので、
正直どこが変わったかわかんないだろうなぁ、と思いつつ、
各シーン追加や変更が特に印象的な部分に多かったため、
そんな自分でもわかり、楽しめました。


新たなるZ。その存在が必要だったか否かは、
まさしく時代が決めることだから、後々に判断が下されると思う。
それは曖昧にはされずにはっきりと決まると思う。


サラはⅢでもとても印象深かったです。
Ⅱとはさらにキャストは変わっていましたが、
それでも正直足りていなかったと思う。
他の、周りの方たちがあまりにあまりのキャストさんしかいないのに、
失礼ながら新井さんでさえかなりぎりぎりだったと思う。
最初はそうは思っていなかった浪川さんでさえも。


ラストの変更、及び追加は考えられる可能性でしたが、
改めて見せられると、不思議に受け入れられました。
こういう未来もあったのだと、ごく自然に。


ただ個人的にはこの三部作。さほど心には残らない気が今は、します。
それぞれ一回見ただけじゃ捉えられなくなってきている、
自分の頭の問題な気もしますが(^_^;)
自分の中の「Z」は、この映画を見終わっても、、

いや、そうじゃないのか。
変化を求めてこの作品はできたのではないとは思うから、
それでいいのかもしれないな。
ここから何かを起こそうとしてできたものでもないし、
修正したかったわけでもない。

ただ「今」のZガンダムとして改めて見返すだけの価値が十二分にあり、
それを描いた結果だったんだと思う。
だから良いも悪いも本当は考えること自体間違っているってことも。。

ただしそこは映画という媒体である以上、最低限はこなさなくてはいけないし、
自己満足の産物だととしても、
ついてこなきゃいけない目的は果たさなくてはいけない。


本当に多くの意味が込められていたと思います。
元々がそうだったし、今回の三部作でそれはさらに増えていったとも。


そんな中、明らかに現時点で自分が不満に思うのはやはり主題歌かな(^_^;)
侮辱されている気さえしました。
アニメショーンという存在、この作品すべてを。



時代は動いている。
捕らわれていて、漂流してしまったのは一体誰だったのか。
恐らく彼は自らその道を選んだんだと思うから、
誰ももう彼を見つけようとは、一生しないんじゃないかな。
それでも商業は憑いて回るか、どうか。



相変わらず戦闘は震えが来るほど素晴らしく、
ラーディッシュやエマさんには涙しかありませんでした。
ハマーン様を崇拝して早、数年w
自分はハマーン様の戦いに最も鳥肌が立ちました。

そしてラストのカミーユとファ。
彼らの笑顔はもう一生、忘れられない笑顔でした。


ある意味"ガンダム"を自ら覆したようにも見えて、
見てよかったか悪かったかを敢えて考えてみたら、
今の自分としてはやっぱどちらともいえないです。

正直自分はたとえ総集編だとしても、
きっと「見てよかった」と心から思えると思っていたのに、
今時点ではそうは思えませんでした。

また時間を置いて、DVDとか何度か見ていけば、
気づくこと、得ることがあるかもしれない。


戦いから生まれるものは何もないと言い切れる。
けれどその戦いから残る者、残された者の使命は、
望むべくして得た結果ではいにしろ、
すべてはそこからまた、創られていくことだとしたら
彼らの笑顔は、未来そのものといっていいんじゃないかな。


というわけでTVシリーズを見始めたいと思いますw
とてつもない名作だと実感したことだけは、確かでした。

"劇場版 機動戦士ZガンダムⅢ -星の鼓動は愛-" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント