ノエイン もうひとりの君へ 第23話

アトリがますます頼れる男に見えてきて、
帰ってきた、家が帰ってきたよ!!(^.^)


シャングリラへ家ごと飛ばされてきたアイちゃんたちは、
再びハルカちゃんの力で元の時空へと帰ってくることができました。
アトリ一人を除いて。。

彼はユウ君とハルカちゃんを必ず助け出すとみんなに約束してくれた。
そのときに一瞬見えた彼の過去。ちょっとだけだったけどようやく見れました。

彼は友を失う哀しみを知っていたから、みんなの願いを聞いてくれた。
もうアトリの目がこれまでのと全然違ってw
良い人以外には見えなくなってきました。
彼には最後まで生きていてもらいたい。絶対。


シャングリラはノエインによって時空の集束を起こし始め、
彼の願う未来が刻一刻と近づいてきていた。
言いくるめられそうになっていたハルカちゃん。
そこへ飛んできた(飛ばされてきた?)ユウ。あれ誰に?

そして二人が見た彼らのさらなる未来は、
それはそれはまたもや絵に描いたような悲劇でした。
車が爆発する直前がちょっと生々しくて怖かったです。


ノエインは哀しみに出会うことを恐れ、苦しみ、
二度と感じたくないと思い、時空の集束から無への回帰を願っていた。
悲劇は確かに誰もが避けられるものなら避けたい。

でも誰もが避けられずに耐えて乗り越えてきているし、
乗り越えるだけの力が人間には必ずあるはずだから。。

さらに無から今度は幸せな時空が作り出せる根拠はどこにもない。
同じ人である以上、繰り返すことはほぼ間違いないと思う。


ハルカちゃんたちがノエインを打開する考えが、
この作品の最終的テーマになるのかな。


内田さんたちもまた、かなり厳しい展開に。。
やはり?郡山さんはそうなる運命だったんだろか。。辛いなぁ、、
コサギ姉さんもトビ君ももう出番がおしまいとは思いたくない。
あの頭悪い篠原ってヤツが、意外にしぶとくてうざいです。
画が適当に見えるのが救いw どうか絶頂のまま死んでいただきたい。


カラスとあの遊撃艇との戦闘は凄まじい画でした。
相当きもち悪いし、かなりの迫力。
この作品、戦闘シーンもほんとすごかったな。
あれは崩れていると思うけど、だからどうした?って感じで、
とにかくどっちでもできていた作品だと思います。

ラクリマにいた人たちあっさり消えてしまって、、
もう何がどう進むか全然わかりません(^_^;)


篠原は自らの科学の力で、ウロボロスを発現させ、
ノエインは絶望的未来をハルカちゃんたちに見せ、
最後の時を迎えようとしていた。

未来の絶望から目をそらし、進んだ別の未来が本当に幸せなのだろうか。
もしその別の未来にも不幸が訪れたら、再び背けるとでもいうのだろうか。
いよいよ訪れる最終回。
誰かが・・・、なんて結末見たくないです。。
誰もが望むべく未来は、誰もが願えば、必ず近づくことはできると思うから。

次回 「ハジマリ」

"ノエイン もうひとりの君へ 第23話" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント