ウィッチブレイド 第2話

戦う度に感じる。そのエクスタシー。

なんとなーく上っ面を説明されましたが、
まあ、やっぱまだよくわからない。鈴村さんなかなか真面目(^_^;)

母娘、別々ながら共に捕まり、共に脱走して、
共に互いは無事だと思っている。

母はウィッチブレイドと呼ばれる力を手に入れて、
わけもわからない怪物を撃破後、ある組織に拉致。
そこでだいたいの概要は教えてもらったあと、即テストが行われました。
彼らは意図的にあの力を引き出す力は持っているようです。
でも取り外す力はまだないと・・・。


そして娘さん、梨穂子ちゃんもまた脱走して、逃れるために必死でした。
なんとしてもお母さんと会うため、一人東京タワーへ走り出していた。


あんまし進みはしませんでしたが、
能登さんがたくさん聞けて、大満足です。主役だもんな。
やっぱ何度見てもあの胸は有り得ないくらい大きい。

戦う度に、回を増すごとに変身シーンが色っぽくなっていくことを、
切に願い期待して、今後も見ていきます。


あー、あとあの次回予告なんか良すぎる。
手紙にかなり切なさを感じました。


早速ラジオも聞いてみました。

能登さんと神田さんで、お母さんと娘さんでパーソナリティ。
コーナーがイマイチまだつかまめませんが、
お二人が話しているだけでまだ楽しいです。
またポワロの笑い声が聞こえる。だいたいがソルティでした。


記憶するだけのコーナーはやや盛り上がりにかけましたがw
二人で言い合っていくパターンならもう少し盛り上がりそうです。
でも約束的にはお母さんの記憶を戻す、ってことなので(^_^)
まだ二回目だったのに、だいぶ梨穂子ちゃん生まれ変わってた・・・。

あの色っぽさを出すため、エクスタシーを求め、
能登さん、レンタルショップで「妖艶」な作品を借りて見ようとまでしたと。
(借りたけど見ることなく返したと)

お仕事へのその熱意、ごく当たり前かもしれませんが、本当に素晴らしいです。
是非ビデオを見た感想もいつか聞けるとおもしろいなw

"ウィッチブレイド 第2話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント