ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! 第6話

名言。名キャラ。名設定。
ふた姫のこの変貌ぶりは見事と言えますw
そう、まさに「失敗は成功のお母様」

今回のお話、かつてなかったノリと、
見たことないキャラと、あり得ない設定が凝縮されていました。
良い意味でふた姫らしくない、心に残るお話(^.^)


クラブ活動をどうしようかと悩んでいたファイン。
始まってしばらくレインが出てこなかったのも、今までなかったです。
無限に増えていくw キャラに対しての転換なのかな。
生徒に続いて先生もキャラ濃いのがもう手がつけられないおもしろさw

最初はお約束的に旧キャラたちで導入。
ここはいつもこれでもういいです。がんばれアタッカー・リオーネ!!

チア部は残念ながらこの学園にはなくて、ファインは科学部の前に。
ふとぞろぞろと「辞めてやるっ!」って声と共に生徒が出てきました。
中に入ってみると超科学的頭脳をお持ちの部長さん、
フュー・チャーさんがいらっしゃいました。稲田さんw

どうやら他の部員と意見の相違でけんか別れしたところで。
いや、どうしたって目がいくのは「人工おでん」しかない。。
人工じゃないおでんを考えたほうが研究になるんじゃね?

そしてその部長さんが目指していた実験は、

「宇宙に優しいクリーンエネルギーの開発」

教養番組みたいだ。ふた姫、こうやって子供たちならず、
そのお父さんお母さんにまで影響を及ぼしていくんだね。
でも原料は「おなら」。。。。。。。。。
あり得ないことから世の中変わっていくんだ。ソウダソウダ・・・


部長が作り出していた機械と理論はなかなか素晴らしいものでしたけど、
ファインがあの車に乗っている意味がわかりませんでしたよ。
ボタン押す、ってところリモートにしようや。

おならを動力に車を動かし、電気が生まれ、
さらにはその電気から灯る光からは花の香りがするとっ!!奇跡!!!!

「これぞ宇宙が授けた光の応え!!」

イエス!!!
言っちゃったね。。なんか意外に早かったね。。

「チューブの中は臭わないから安心したまえ」

これ、ここすごく重要なことだよ(笑)


そしてファインは強引に押し込められ、
いつの間にか部長さんはフリーザ並みのしっぽくっつけて、実験スタート。
あからさまなSEと共に、どんどんバッテリーにおならが蓄積。
何がすごいってあんなにおならできる部長、あんたがすごいに決まってる。
複数人のおならだとやっぱ精度は落ちるんですか?

まぁ、途中で暴走してはしまったけど、予想に反してw 実験は見事に成功し、
ちゃんと花の香りもしてきました。部長天才だよ。天才部長だよ。


その頃科学部を飛び出していた4人の生徒に、
レイン特派員が突撃取材していました。まだアナやってたんだ。

ファインが彼らの説得に来たところで実験は部長一人でリスタート。
レインはとてもあの花の香りをお気に入りで、ちょーかわいかったけど
原料を聞いて驚愕。驚いた顔もかわいいよレイン(^.^)

といったところで再び装置暴走。
ほら、さっき暴走したとき原因究明してないからでしょ?
それでよく研究者とかいえ、、いや、そうしないと話進まない。

みんなで助けようって、ただでさえピンチなところに、
またストーカーが来てセコイ攻撃してくる始末。
ファインレインは返信して、
一気に機械もセコイ攻撃も排除して部長さんも無事でした。
おなら逆流してチューブにおなら入って、
そのままチューブが開いたけど・・・。開いたけど・・・。


まぁ、みんな仲直りで、香りはおでんになってめでたしめでたしでした。

失敗からしか得られないこともたくさんある。
ファインレインは最後にとてもいいことを言ってくれました。
やはり親御さんたちを意識して・・・。してたらおならは持ってこないか。。


今回はここ最近ではかなりのおもしろさでした。
毛色が違うというか、方向が変わったのか、とにかくよかった。
意味わからないところが多かったのがベストです。


次回は街で一騒動。街行くのも初めてだね。
あ、そういえば今日はいなかったな、エリザベータ様。
次回はいたから楽しみ。

"ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! 第6話" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント