スクールランブル 二学期 第12話

天満ちゃんお誕生日前夜祭っ

夢オチから始まったお誕生日騒動。
播磨君と誕生日が一日違い、って
なんかどうすることもできない喜びがあるね、播磨君としては。

夢の中の天満ちゃんはパーフェクトでした。
「ありがとう」と言っていた愛理ちゃんたちの上着が
若干脱げていたのはなぜなんだろうw
どうしてももう藤原さんのナレーションが付くと
カエルのアイツを思い出さずにはいられない。


絃子先生の、100%殺人が目的としか思えないトラップをかいくぐり、
一夜漬けでデートプラン作成した播磨君。
修治君の奇跡のサポートもあり、自然と天満ちゃんを誘うことが出来た。
修治君的にも、自分的にもw 八雲が来てくれなくてショック。。

今回の奇跡は、天満ちゃんと一日違いの誕生日だった播磨君、
同じ誕生日だった修治君。
そしてたまたま予定が空いていた晶ちゃんが来てくれたことが最大の奇跡。

レントン久しぶり!で(いつも言ってる気が・・・)
アネモネと仲良しです。何よりです。


デートは散々な結果でw
修治君たちにはすっかり見透かされている様子でした。
わびさびから「わび」が抜け落ちているお寺たち。。ただのボロ寺w

最後の締めとして選んだディナーは
メニューを受け取ったところですべてにピリオドが打たれていたw
なぜ料金を調べておかなかったんだ播磨君っ!!

でも今日初めてここで天満ちゃんが嬉しそうな姿を見せてくれた。
ので、播磨君は今更キャンセル不可という状況を把握。
いきなりお肉が出るという恐るべきシェフお任せコースに、もう夢心地。
予算は30,000円で、コース一人前が34,000円。。4人いる・・・。
しかも天満ちゃんと修治君はお肉自由にお代わりしてたw

もうどーすることもできなくなった播磨君を助けてくれたのは、
お嬢こと、愛理ちゃんでした。こっちが最大の奇跡か?
たまたまそのレストラン?に来てて、高額な食事代を払って貰えた。

「年に一度くらい、華を待たせてあげるから、早く席に戻りなさい」

愛理ちゃん、年に一度って言葉は天満ちゃんにかかってたんだよね。
愛理ちゃんが播磨君の誕生日を知っていたりしたら、、、
そんな風な展開もありかな、って思ったけど
どうもそんな様子は愛理ちゃんにはなく、
結局翌日播磨君は、ピョートルと誕生日を過ごすことになったとさ。
ピョートルのためにかないさんが来てくれるのがいつもすごいと思うw


今回はまったりで、かつ奇跡で出来ていたお話でした。
やはり八雲がいないとイマイチ乗れません。
さすがにあんな僅かなご出演だと持ちませんw


あー早くED変わらないかなー
ほんと次も同じ方だったらどーしてくれようと思っていたけどw
あみすけと能登さんなら全然安心です。どうしたって今よりはいいですよ。。

"スクールランブル 二学期 第12話" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント