ARIA The NATURAL 第17話

みんなでゴンドラのありがとうパーティー

前回の続きでした。
灯里ちゃんがこれまで乗ってきた大切なゴンドラと
とうとうお別れするため、アリシアさん他みんなが集まってくれた。

そのゴンドラはアリシアさんにとっても、思い出深いゴンドラでした。
きちんとお別れを言える時間があれば、
出てくる言葉はさようなら、より「ありがとう」が多くなる(^_^;)
灯里ちゃんは感謝しきれないたくさんのありがとうを、
改めてゴンドラに伝えました。

灯里ちゃん藍華ちゃん、アリスちゃん三人で撮った思い出の写真を見て、
アテナさんは昔の自分たちを思い出していたところ、
アリシアさんがちゃんとその写真を持ってきていたところが素敵でした。


ありがとうパーティーが終わってみんなが帰って行くとき、
晃さんがとても優しく囁くように「ありがとう」と言って
ゴンドラに触れていったもとても印象的でした。
晃さんやアテナさんもまた、アリシアさんとの練習の度に、
そのゴンドラと会っていたんだから、過ごした時間は長かったんだろうな。
同じ事が藍華ちゃんやアリスちゃんにも言えて。。

ゴンドラからすべてが受け継がれていっている。
そう思うとまた、想いはより深く大きくなってきました。


アリシアさんとも別れて、アリア社長とも別れて、
それでもまだずっとゴンドラに乗っていた灯里ちゃん。
静かに雨が降ってきても、
それでも灯里ちゃんはゴンドラとの時間を、
最後の時間をずっと過ごしていました。
アリア社長が傘を持ってきてくれても傘はささずにずっと・・・。

思い出すには余りに多い思い出。
アクアに来てから過ごしたほとんどの時間を過ごしたゴンドラだから、
本当はどれが一番、というのはなかったんだなぁ
全部が大切で、忘れたくない思い出であって、掛け替えのない思い出。

「たくさんの初めてをもらった」
灯里ちゃんがゴンドラにお手紙を読むように語っていたシーンは
かなりぐっとくるものがありました(^_^;)
たくさんのすべての思い出は、絶対に忘れない宝物。
ずっとずっと灯里ちゃんの心の中から消えない。
消えないけど、もう一緒には歩いていけないのだと思うと、
堪らなく哀しくなって来てしまう。。

「本当に・・・、本当にお世話になりました・・・。ありがとうございました・・・」

これほどまでに愛されていたゴンドラは本当に幸せです。
灯里ちゃんにとって彼以上に大切な人はいないんじゃないかと思えるほど、
愛されていました。ゴンドラに羨ましいと思うのは変だけど(^_^;)
彼も同じくらい、灯里ちゃんにありがとうと思っている。

彼は最後にそっと、傘をさしてくれました。


翌朝ゴンドラは第二の人生のためアリアカンパニーを去っていった。

出会いがあれば別れがあるのは必然かもですが、
実際、別れがあれば出会いがある、というもかなり必然だと思う。

そこに関連性はない時が多いから、偶然って言った方が正しいんだろうけれど、
よほどの事がない限り、別れの後は新しい出会いが待ってくれている。

灯里ちゃんの今度のパートナー。その新しいゴンドラの思い出、歴史は
今まさに灯里ちゃんから刻まれていきました。

そして新しいゴンドラに乗って初めて走っているとき、
あの、一度お別れしたゴンドラとすれ違うことができた。
ここのシーンはさっきよりさらにぐっときてw 危なかったです。
灯里ちゃんもアリシアさんも一目で気づいていて嬉しくて嬉しくて。。


灯里ちゃんとゴンドラとのお別れとありがとうのお話。
これほどまでに力を入れてきてくれたことは、とても嬉しいものがありました。
今期ここで、これまでで最大値を感じられる。それほど素晴らしいお話でした。


いつもながらとても素晴らしいこの作品。
本日DVD1巻が届き、また不在票。。
いつもいつもすみませんペリカンさん。明後日くらいには・・・。

次回はアリア社長がポンデなんとかっぽく見えたw
どんなお話だろなー。

"ARIA The NATURAL 第17話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント