おとぎ銃士 赤ずきん 第6話

危ないところだった。。りんごちゃんで9割見てたからさ。
今回ほどグレーテルに感謝をする日はない(^_^;)

草太君一人だけに不条理設定を全部押しつけるのはいかがなものだろう。
バランス良く配分してくれないと彼がほんと嫌なやつにしか見えてこないよ。


いばら姫が来たということは、
ファンダヴェーレの危機がより一層強くなっているということ。

かくして三銃士、そして草太君もファンダヴェーレへ赴くことになりました。
りんごちゃんはだけ残して・・・。

草太君自身、異世界の危険性をわかっていて、わかった上で
りんごちゃんを誘うことはしなかったんだろうか。
元より彼には「りんごちゃんも」という選択肢はなかったようにも見えました。
りんごちゃんはそんな所怖いから絶対ダメっ!って言っていたけど
草太君と離れることだってイヤなはずだったと思うのだけれど・・・。



屋台で肉じゃが、って見たことなかったんだけど大変おいしそうでした。
買い物している時も、ひと味足りないと友達に言われて、
その味が何かを教えてもらったときも、
とてもとてもりんごちゃんは嬉しそうでした。

なのに、作り直した肉じゃがを草太君へ持って行ったらお家には誰もいない。。
あったのは彼が徹夜でやってくれた宿題と、手紙と、ビデオレター。
哀しすぎるにも程がある(>_<)

なんのためりんごちゃんは彼といつも一緒にいたのか。
ケンカしてたからお別れの挨拶も言えなかったの?あれはケンカといえるの?
草太君から一方的に、何の相談もなしに突然そんなことを言われて、
りんごちゃんがどう思うか少しでも彼は考えたの?
宿題をやってあげる前にもっとやることあるんじゃないの?
学校は勉強だけやってればいいの?(そんなことは言ってないがw)

お祭りだって、キャンプだって
草太君と一緒にいるのが何よりも大前提だって気づかないでいたとでも?
彼に責任はないとはわかっているつもりでも、
あまりにもりんごちゃんが可哀想でなりませんでした。。

「大丈夫、りんごなら、いつか必ずわかってくれる」

思い込みかつ、妄想です。時間がないから?
なんだその男の言い訳みたいな考えは。。

ならなぜ彼女は泣いていたの?



まぁ、何はともあれ方法は強引でしたがw
彼女も行くことになっちゃったから結果オーライかもしれない。
本気でしばらくお別れ、だったら
作品見るのもしばらくお別れ、になりかねませんでした。
でもまだ次回も気が抜けないのかなぁ。。
あー今期間違いなくりんごちゃん@釘宮さんがベストだと思っているのに・・・。

そういえば小技的にいばら姫の寝起きの悪さがアピールされていました。
戦闘中にようやく完全に目覚めたご様子でw
あとは全部寝ぼけてて(^.^) あれはあれでかわいいから良いです。


みんなで手を合わせて話しかけていた相手は(^.^)
次回 「ぼくらの旅立ち」
サブタイで安心しちゃった。大丈夫だよね??

"おとぎ銃士 赤ずきん 第6話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント