スクールランブル 二学期 第20話

二本立てのまず1本目。
ドジビロンと星空とスガなお話。

まず最初はかれりんに癒されました。
相手が今鳥ってところが未だに納得できませんが、
いい夢見れた♪って嬉しそうなかれりんがかわいかったよ。

彼女も弟の影響でかなりコアなドジビロンファンになっています。
目が覚めていきなり今鳥君が部屋で弟と遊んでて、
どうにかしかしなきゃ!ってまず腹に一撃はさすが。
ここで幾ばくかの時間を稼ぐことに成功なかれりん。

今鳥君をおもしろいと羨ましがる弟くん、
どうみてもあれほどかわいいお姉さんがいるあんたのほうが羨ましい。
あの歌は以前も流れたやつでした。ぶっちゃけ覚えてはおりません。。
最後はブラっとホールドかけられておしまい。
あーいうところが尊敬に値するな、今鳥さん。


次の結城さんのお話はあれだけじゃな、という段階で
とりあえず続きが進展してくれればないいな。
地味な文系の女子、なんて思っている人はいると思う。
でもさ、思ってない人もきっとすぐ近くにいるって気づいてくれればね。
勇治君にしか聞こえなくなってたけど(^_^;)


最後のサボ課は婦警姿の八雲しか目がいきませんでしたがw
なぜ烏丸君の机に寝そべる必要が。どんな新歓だよ!みんな入社する!!

展開的にはこれぞ触れるところなし!って感じで
晶ちゃんの男装がキマっててよかったし、
ララが播磨君に「早く仕事片付けろ」と命令していたのがおもしろかったし、
烏丸君が天満ちゃんに伝えなくてはいけないことが、、というところで
スクランブル発生。

みなさんなんかちょっと目のやり場に困りそうなコスチュームへ。
さりげなく烏丸君までもが無駄に着替えてた・・・。あんたは別に。。
ララだけ色が違うのは肌の違いか?八雲の顔が八雲じゃない気がしたw

花井君の攻撃により、次々と倒れるみなさん。
一人残された本作主役の天満ちゃんは軽く過去がわかって怒り爆発。
そう、怒ればヒーローは何度でも蘇るし、何度でも限界は超えられる!
乙女回路とかなんか懐かしいんですケド(^_^;)
 あの頃のあかほりさん作品が最大に好きでした。


結局ラストのロボットでオチておしまい。
かなり、というか相当切なかった・・・。

ここってこんな長くなくてもよかったな(笑)
ちゃんと次に繋がらずここで終わったのがよかったよ。

"スクールランブル 二学期 第20話" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント