スクールランブル 二学期 第24話

まだ冬だからこそのクルージング。うん、これも間違ってない。

対消滅機関っぽいのが見えたような・・・。


いい展開目白押しでした。繋がっていないようできちんと話がわかる。
見終わってみると意外にたくさんのシーンで笑えたし
これくらいでも満足です。一番良かったのは次回予告ね(結局、、)


冬休みの残り少ないというわけで、
愛理ちゃんの計らいによって豪華客船でクルージング&座礁&遭難。

「まさか君たちも遭難?あ、そうなん?」

まずい、、、このレベルで笑っちゃった自分がいたよ・・・。
いや、むしろこのレベルが一番危険なんだよなぁ・・・。
スクラン見る資格ないかな・・・。

あ、花井君の冒険はまるまる置いておきます。そして取りにもいきません。
お正月にぶっ飛んで今の今まで飛んでいたことを、人は奇跡と言う。
ハナーイがヤクーモでどんとこーい!!


つい岩礁に激突してしまって身動きが取れなくなった豪華客船。
東郷さんたちが漕いできたカヌーに乗り
ナカムラさんたちが助けを呼びに行っている間、いろいろありました。

そだなぁ、特に印象深かったのは「日本の猫シリーズ」かなぁ。
不意を突かれた感じでやられました。かわいかった!(^.^)

あとはもう八雲に感謝。
クラス全員といいながら、ちゃんと八雲が来てくれていたことにまず感謝。
 あ、ララもいた。
ヤクーモにも感謝。途中で言語が翻訳されてまた感謝。
元の言語がだいたい聞き取れたのは気のせいカナ。

ペンギンは南極にしかいない、という話の通りだったら
途中烏丸ペンギンがいたのはやっぱ南極で、って
冬だから南を目指してたから南に行きすぎただけか。
で、クジラさんに助けられたと思いきや実は逆戻り…。


今回クラスのみんなほぼ全員いたけど、ほとんどが映ってただけでした。
つまりは多すぎるんだけどw 割とララが使い勝手いいみたいだな(^.^)


そして次回予告。
もうこちらもあっという間にあと2話。寂しい限りです。
だいたい2度目をやったってことは
どうしたって3度目はあるだろうと踏んで待つつもりですがw
しばしのお別れには違いない。そう、八雲としばしのお別れ。。

晶ちゃんのスク水ともしばしのお別れ…。

"スクールランブル 二学期 第24話" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント