ツバサ・クロニクル 第2シリーズ 第22話

考え及ばなかったほどの数の大量の羽根が。。。

この第2シリーズもいよいよ大詰めな最終章に入ったようでした。
監督さん、あちらは予定通り、
あちらは予定外に終わったので残りはこっちに集中かな?

まず驚いたのは侑子さん。あれ本当に侑子さんと呼んでいいんだろうか。
なんかニセモノっぽい顔といえばそう見えてくるほど変だったなぁ(^_^;)

今回訪れた国はタオの国。
そこでは不思議な力「僊力」が国を包んでいる関係で、
その国にいる間、誰でもその不思議な力が使える国となっていました。
ここで小狼君たちに飛ぶ力が授けられた。
これは便利です。ここでは歩かなくていいんだね。

さらにこの国ではサクラちゃんの羽根が大量に発見!!
王様、羽王カオスさんも数枚持っていたし、
その後退治に向かった鳥さんにも夥しい数の羽根がw
もうあれで全部なんじゃね?と思わせるほど大量にくっついてた。

さらにさらにいいひとだと思ってたカオスさん、
なんとサクラちゃんの記憶に入り込んできました。
このままでは小狼君の居場所が?!小狼君早く戻ってー


あんだけがんばって長い時間かけて1枚、ってペースだった羽根集め。
それを今回こんなにも大放出してくるとは・・・。
サクラちゃんに取り込まれたくらいだから、ニセモノじゃないだろうし。。
なぜあんなに一カ所に集まってしまっていたんだろう。
そもそもがあの鳥さんの仕業なんだろうか。特異体質的な(^_^;)
侑子さんの言葉がなんだか重いです。。

小狼君たちを取り囲んでいた化けものにも
CLAMPな雰囲気があまり感じられませんでしたがどーなんだろ。

ラジオももうちょいで終わっちゃうし
なかなか今回の第二期、総合的に見ると
「どーだったんだろ?」と思うところが多かったかなぁ。
ラジオはやっぱ5人、ってところが大変だったんだろうか(^_^;)
また由依さん、美香さんのスタイルに戻ってでもいいから
続けて欲しかったです。


とにもかくにもあと4話。どうまとめてくれるかを期待して待ちます。

"ツバサ・クロニクル 第2シリーズ 第22話" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント