幕末機関説 いろはにほへと 第2話

宿命は復讐。


やはり高いレベルのまま安定しています。
かなりこれもおもしろいです。

口数少ない、寡黙な主人公っていつの時代もかっこいいなー
必要最低限の言葉しか発せず、それでいて行動には無駄がない。
やるべきときに立ち上がり、倒すべき相手を見定めることが出来る。
侍の名に恥じることない、彼、秋月耀次郎は紛う事なき"剣士"でした。

仇討ちをすべく赫乃丈さんたちは一座を作り旅をしていた。
彼一人を倒すことが生きる目的となっていた。
火傷を負っていたから
恵比須の頭巾さんは包帯ぐるぐるなんだね。
志々雄さんに身を捧げてリスペクト(違っ)


あのオークションの晩、
ようやく仇である針尾玄藩を目の前にするも、
秋月さんのせいで取り逃してしまった赫乃丈一座。
頼んではいなかったものの、それを事実と受け止めた秋月さんは
彼らに力を貸すことを約束し、そして見事果たしてくれた。

ん?、一座の目的達してしまったよ?(^_^;)
それでもまた演目変えて舞台は続けるようでした。
あのスナイパーさんが次の敵となるのかな。


針尾を前にして一座のみんなが
歌舞伎のように口上を述べていくシーンはかなり魅力的だったなぁ。
言うだけ言ってそんな強くないところはさておき(^_^;)
あのペイントもかなりかっこよいと感じました。
最後一斉に止めを刺したところも。

秋月さんは無言で赫乃丈さんを助ける、という
素晴らしい用心棒を越えた気もする存在も見せつけてくれた。
「大丈夫か」の一言もありませんでした。惚れますw
浪川さんファンの方としては難しい心境な気もするけど(^_^;)
あのクールさはかなり見逃せないと思われます。

逆に龍馬さんはいつも声だけ、ってのも淋しく思いつつ
徐々に回想で姿が見られると嬉しいです。


どうしても座頭の人がぽんぽこに出てた人に見えて仕方がない。
でもそんなこといってもどうにもならない・・・w

"幕末機関説 いろはにほへと 第2話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント