ツバサ・クロニクル 第2シリーズ 第25話

いよいよクライマックス。

2期が終わることよりもラジオが終わってしまうことの方が
数十倍残念でなりませんが(^_^;) 作品あってのラジオ。
羽王カオスさんとの最後の戦いが始まりました。

このタオの国に来てから、
サクラちゃんの体に取り込まれた羽根たちはすべてニセモノだった。
今更驚くところではありませんでしたが、
「メキョ!」の精度がまた疑われる自体には変わりなかった。
わからないならわからないでよかったのに、、、わかりづらい、とは。。

サクラちゃんは記憶の中で、自分の記憶ではないと気づいてしまった。
だから夢は覚め、羽根は真っ黒になって体が出てきていた。
自分の夢の中でこれは自分の夢、記憶ではないと気づけるとは・・・。
彼女の想いの強さやこれまでの記憶、
信じるべきは自分と仲間であるという考え。
それらすべてが合わさったからこそできたことだったんだろうな。


サクラちゃんに応援を受けて最後の決闘が、小狼とカオスとの間で始まった。
小狼君はくろりんから貸してもらった蒼氷(ヒスイ)を使いこなし、
空を飛びつつ、今までにない戦闘を繰り広げてくれました。
やはり飛べるとぐっと技も戦い方も広がってかっこいい。

最後にカオスさんは小狼君に勝てないと思ってからか、
サクラちゃんを身も心も氷漬けにしてかつ、その真の姿を現した。
彼の正体はあの山で出会った玄鶴こと、巨大な鳥さんでした。


彼らとの戦いとは別に、飛王さんたちも動き出してくれてはいました。
あのずーっと水?の中に入ったままの
もう一人の小狼君が動きそうでまだ動かずっ(>_<)
xxxHOLiCを読んでしまったので、侑子さんが絡んでこない限り
原作とは異なったことになってしまうんだろうなと思っていました。
でも今回でも動かず、逆に最終回で動いたところで何も終わらないのは
誰の目にも明らかなので、無事に次のクールにいければいいな、と。。


でもでも予告を見るとまだカオスの正体はあるんだ!
モコナは何を驚いていたのか、右目を押さえていた?小狼君?!

次回最終回「明日へのツバサ」

次で終わりだというのに
ここまで何も感じない、思わない作品は珍しい(^.^)
たぶん「3期あるから」という根拠なき安心があるからかな。
次を見たら「あぁやっぱ見てきてよかった」って展開に期待したいです。
きっとサクラちゃんがいる限り、絶対に嫌いにはならないから。

"ツバサ・クロニクル 第2シリーズ 第25話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント