Simoun ~電波 DE リ・マージョン~ 第19回

「ダンゴムシと高橋名人の回」として、
今回もまた、後世に残る放送となったことでしょうw

理恵子さんのおもしろさはあの真面目さから来ているんだろうなぁ。
一度は高橋名人のおたより、さらっと流しました。
「へぇ、カレー好きなんだぁ」くらいに。
でも理恵子さんはかつてない最大な大爆笑w

高橋名人が早稲田大学で座談会?を開いて、
学生さんが用意した激辛カレーを出されて、
「僕はこれの30倍くらい辛いヤツでも全然大丈夫」ってコメントしてた。
そんなおたよりでした。
辛いの好きなんだなぁ、くらいで、実際かなり平気みたい。
もちろんそんな情報はご存じないし、たぶんほとんどの人知らないw
だから理恵子さんは実に冷静に、

・なぜカレーを食べさせられたのか。
・さらにそれを食べて、なんでそんなのこと答えたのか。

この二点にクリティカルしていました。
確かに改めて考えてみるとおかしくなってきちゃって
かなり理恵子さんの笑いに誘われてではあったけどw
もう気づいたら自分も一緒に爆笑してたw


それとは真逆に次のメールはトラウマってて余計引き立っていました。

しかしそこで終わりかと思いきやさらに神は居続けていた模様でw
そのトラウマ話から今度は美佳子さんが、
もうあれはカミングアウト的な発言と捉えて良いのかw
中学時代に経験したダンゴムシのトラウマのお話をしてくれました。


「あたしダンゴムシとかって結構好きなんですよ」

美佳子さんがとってもとっても大好きだったダンゴムシ。
自分の手の上で偶然にもダンゴムシの出産にも立ち会った美佳子さん。
 このお話をしているときの冷静な美佳子さんもすごかった・・・。

ある日いつものようにコロコロと転がしてダンゴムシと戯れていたとき、
ふと、蟻の巣に目がいき、なぜか、なぜかその時の美佳子さんは
その巣にダンゴムシを入れたどこまで転がって行くのだろう、
という衝動に駆られて、そして入れてしまった。
コロコロっと入れてしまった。

その後どうなったのか。
蟻の巣がどうなったのか
そのダンゴムシはどうなたのか。

それが今も尚、彼女のトラウマとなっていました(^_^;)
加えてその後の理恵子さんのフォローもよかったなぁ。
ダンゴムシが成長させてくれた、って。いい話だった・・・。


もうだいたいが想像の世界に旅立ってました。
ダンゴムシは蟻の巣の中でどうなったのか。
蟻たちはがんばってダンゴムシを素から出したかのか。

さらにそこからダンゴムシがオウムになって美佳子さんはナウシカでw
もう壮大すぎました。壮大すぎてゲーム予約しちゃいました。
 アムリア役ではないけど英梨さんがいらっしゃったから。

ラジオCDも記念にw 買っておこうか。。
ダンゴムシは衝撃だったなぁ。


☆毎週月曜日更新☆
Simoun ~電波 DE リ・マージョン~

"Simoun ~電波 DE リ・マージョン~ 第19回" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント