京四郎と永遠の空 第4話

第十三学園 白骨学園♪

自分のスカートを破り、
包帯の代わりとして王子様を救おうとがんばる空ちゃん・・・
なんて健気でいじらしい可憐な少女なんだろう。是非介抱されたい。


今回京四郎さんが話してくれた過去話は、
どこかオマージュ的なものを漂わせておりましたが、
彼が敬愛していた兄・カズヤさんは10年前、
"大崩壊"で既に亡くなられていたということが告げられました。

あともう一つ、お兄さん繋がりで事実が明らかになったのは
ネコのたるろってのマスター・ソウジロウさんも
なんとびっくり、京四郎さんのお兄さんでした。
やっぱ四人兄弟でいいのだろうな。


「絶対天使は、絶対に破壊する!!」

もう確信犯で描いているんだろうから、
おもしろいところは「おもしろい!」と捉えて笑っていいんだろうw
京四郎様の絶対天使に対するお考えは絶対でした。
すべての、4体すべての絶対天使を破壊する。
それが兄、カズヤ兄さんの遺志であると京四郎様はお考えでした。
つまりは同じ絶対天使であるせつなも最終的には葬るということ。
そんなことは絶対にあってはなりません!

普段はあんなにも自分に優しい京四郎様が
せつなさんにはなぜそこまで冷静に哀しいことを言い続けられるのか。
空ちゃんにはどうしても理解ができなくて、
とうとう彼らの戦いを止めに入ってしまった。
しかしその瞬間まばゆい光が辺りを包み・・・、、

と、お話はあまりブレるところが少なく、
今回もどちらかというと手堅いままでした。
お馬さんがなんかツタっぽいのに空中で絡まっていたことに対しては
なんていうか、京四郎様と空ちゃん二人ともそのお馬さんのこと
一切話にも出ていなかったこと含めてちょっと切なかった(^_^;)


ラストは生まれ変わったムラクモこと、かおんさんがミカ様の僕として再起。
その瞳にひみこさんはどう見えていたのか・・・。
どちらにせよ、この先大いに暴れる川澄さんが見られそうです(^_^;)
次回はちょっと戦いはお休みかな?せつなさん出てくるといいなあ。

"京四郎と永遠の空 第4話" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント