SHUFFLE! MEMORIES 第7話

 楓を責められる人はいない。彼女は何も悪くないとまでは言わなくても、彼女を責められる人は絶対にいないよ。。

 楓さんのしてきたこと、彼女の境遇、運命、、なんといっても当てはまる言葉が見つからないのだけど、彼女のことをすべて分かっている人が、稟君よりも理解してくれている人がいたとしても、やはり彼女を責めることはできないんじゃないかな。彼女の彼に対する誤った復讐と、償いという言葉で隠されていた彼の独占。「好きで居続けたい」という願いだけは最後の最後まで捨て去ることはできませんでした。
 彼はきちんと示してくれていた。(最後だけ、とは思ってもいるんだけどw)最大限彼女に対して敬意と、感謝の言葉で応えてくれていました。それでも彼女は彼を見ていくことを辞めなかった。彼が絶対に自分へ振り向いてくれないとわかっていて、彼が自分ではない他の女性を好きだと彼の口から聞いても尚、彼女は諦めませんでした。恐らくそれをやめてしまったとき、彼女はもう「芙蓉楓」ではなくなってしまうからなんだろう。。いくらそれで充分だといっても思い込んでも、彼女には笑顔は戻らないのではないかと思える程、切なさしかありませんでした。

 彼女の豹変していく様は急激であり、今回こうしてダイジェストにするとよりわかりやすかったです。わかりやすく怖かった(^_^;) 鍋もあり、亜沙先輩への「死んじゃえばいいんだ!」発言。そして自分に対しての激しい後悔の念に一人で、押しつぶされそうになっていく彼女の姿は見ていて辛い、の一言でした。

 すべてを一人で抱えて、すべてを一人で解決させて押さえ込んでしまった楓。自分は原作を知らないままなので、楓がハッピーに終わっているEDもあるとは思うだけれど、アニメだけだと彼女の結末は最も酷と思えます。プリムラでは足りなく、シアやネリネには絶対に入っていける隙はなく、唯一、と思われていた亜沙先輩が彼女の敵となってしまっていたから、彼女は辛いまま、誰にも頼れず乗り越えてしまっていました。亜沙先輩に打ち明けた最後の言葉と涙が、彼女を最悪の崩壊から救ったと言えるのかもしれないな。。もっと恐ろしい結末も想像に容易かっただけに、彼女には泣く場所があったことが、唯一の救いだったのかも。。


 当初も相当困惑して見ていましたが、やっぱりあんままとまらない(汗)この作品の真髄的なものを、彼女のエピソードは大きく担っていたのだとは思いました。

 次回は亜沙先輩。一応の最終回に繋がるのかな。

SHUFFLE! MEMORIES 芙蓉楓編
SHUFFLE! MEMORIES 芙蓉楓編

"SHUFFLE! MEMORIES 第7話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント