瀬戸の花嫁 第5話

 学園に自由はありませんでした。一人の小さなヒットマン以外はすべて味方だけだったはずの学園は既に、、

 朝、燦ちゃんの下に届いた一枚の絵はがき。そこにはてっきり家族の写真でもくっついているのかと思ったら、海が写っていただけ。もうここから惨劇は始まっておりました。永澄君の友人のサルさんなんてどーでもよく流れながら、学校の担任として赴任してきたのは、父、瀬戸豪三郎その人でした。保健室にはお母さん、数学の先生には政さん♪ 体育にシャーク藤代さんw オクトパス中島さんは足だけ提供してくれたみたい。特に今回はシャーク藤代さんがいい声出していました。子安さんおもしろすぎです。イントネーションでもうわかるようになってた永澄君もおもろい。
 もちろん燦ちゃんはみんなを歓迎。さらに感涙w どうしたって彼女もあっち側の人間。永澄君の淡い期待と夢と甘い学園生活は1日として実りませんでした。ヒットマン巻ちゃんがかわいく見えてくるほど。。誰もが殺しにかかってるのは変わりなく、それを永澄君はわぁーわぁー言いながら紙一重でクリアしているのはそろそろ評価されるべきポイントになってくるのでは(^_^;)

 事細かくいちいちツッコミを入れる永澄君がいいよなぁ。かといって放っておいたらおいたで、夕日に向かってダイブしそうになる危うさを兼ね備えていらっしゃる。そこを絶妙のタイミングで政さんがフォローしてくれている。ある意味生殺しにも見えてきたけどw 政さんあっての永澄君(^_^;)
 何気にお母さんはやはり色っぽくて美人さんです。抱擁は是非、是非受けたい・・・。足蹴にも・・・。

 とりあえずシャークさんの印象が強いお話でした。あの部分変異。変異部分が頭だけ、という正直着ぐるみじゃ・・、と気になるところでもありました。けどあの牙は本物だな・・・。どうやって水かぶってたのか。あのレベルまでいくと自在に変身できたりするのか。。
 あとはやっぱり政さん。どんどんいい男に見えてきました。話をきちんと聞いてくれていて、きちんときいてくれているからこそ出るアドバイスが胸を打つ。彼は天才です。悩み相談の天才ですw


 漢字テストはおきまりって感じでよかったですし、数学はちょっといろんな意味で危なかったかもw でもわかりやすいことはいいことだね。

 こうしてw 永澄君の新しいスクールライフが始まりました。彼女を想う気持ちだけは誰にも負けない。その気持ち一つで果たして乗り越えられるのか(^_^;) どんどん鍛えられていっている感じもおもろいし、EDも賑やかになってきたなぁ。

 次回はまたまた巡ちゃん! 正体を疑っているとは何を持ってかな。普通に見ると怪しさしかないけどw
Romantic summer
Romantic summer

"瀬戸の花嫁 第5話" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント