魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話

 才能と天性に恵まれた人たちを目の前にすると、誰であれ劣等感は感じるもの。

 ディアナが一人で思いこんでいた"自分だけが劣っている"という気持ち。今回彼女の"被害妄想"的な気持ちが徐々に高まってきていました。これを伏線としているのか、単なる個々のストーリーに入っているだけなのかは捉えられませんでしたが、中原さんだからこそ、伏線であって欲しいと思う(^_^;) なのはに限ってそんなことはないだろうな・・・。

 今回なのはとフェイトはドレスアップで待機。代わりにヴォルケンリッターたちが大活躍でした。以前からあんな感じだったので、どう何がすごくて、どこら辺が強かったのかはわからなかったんだけど(^_^;) きっとあれだけ特訓受けてきたスバルたちだからこそ、より強さがわかるようになってきたんだろうなぁ。訓練の中で得た理想の動き・戦い方が、目の前の先輩たちは簡単にこなしているだろうから、一層すごさがわかるんだろう。そういう気持ちの描写は描かれてはいなかったけどたぶんそうなはず(^_^;)

 さりげなくユーノ君が出ていたりして、前期メンバーも揃ってきた感じです。構成や本は相変わらずといえば相変わらずですが、ヴォルケンリッターたちの変身シーンとかちょこっとあったり、新メンバーが徐々に戦力になってきているということも、僅かながら進展といえそうでした。全体的に、今期から見る人にも極力わかりやすくしようという雰囲気があるのが、前から見てる身としては退屈な箇所に見えてしまう気がする。きっとそうなはず・・・。

 加えて新キャラとしてお二人ほど敵側の方がいらっしゃいました。なかなかお強い召還士・ルーテシアさん。魔法の世界でありながら転移してくる敵とかにも、いろいろ驚くスバルたちがなんか意外でかわいかったです。わんこ(ザフィーラ)が喋るのも驚いていたキャロかわいかったなぁ。始めからなんでもありな世界だったから(^_^;)


 新人が奮闘する中、ティアナだけがどんどん一人落ち込んでいって自暴自棄気味になっていました。ついにはヴィータちゃんに怒られて、謝るスバルに対してももう完全に八つ当たりな感じへ。。自分でもきっと厭だなと感じながら、それでも苛立ちは抑えられない様子でした。がんばろうとした結果のミスは、普通のミスとは違うよね。でも続けると咎められそう・・・。

 次回は彼女の立ち直りにお話がいきそうです。彼女にはスバルがいてくれるからね。きっと大丈夫。

"魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント