機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ 第10話

 ようやく直ったスサノヲ十式。強化されたエジプトギガンティックとロシアとの決闘は、あっという間に決着がついてしまいました。

 今回はまた実にあっさりと、それでいて物語は進行した、と呼べる内容でした。でも何が言いたかったのかが、見えないお話でした。


 スサノヲが修理完了し、また二人で感応システムを使用して偵察。ヒットしたのはエジプトのギガンティック・ネフティスでした。ここでロシア側に感応しないところからして、すべては次回へ、となったようです。

 ケイロンの力を得たネフティス。海を渡る力を手に入れて一気にロシアへと乗り込んでいきましたが、ロシアのユーノワに返り討ちにあってかなりあっけなく決闘も決着。今回の戦闘で唯一救われたのは、どちらのパイロット・トランスレータ共に無事だったということだけ。それ以外には目新しさも何もありませんでした。

 どちらのギガンティックも"動き"いわゆるモーションがとてもかっこよくて好きなんだけど、いかんせんユーノワは攻撃動作どれも地味(笑)ぶっちゃけ羽根広げて光っているだけです。羽根の展開シーンのところだけ滑らかで好きだけど、あとは見所なしです。
 対して今回のネフティスは自らの意思で攻撃すらできず暴走に追い込まれて、顔面に一撃喰らって終了・・・。あの遺跡?がやられたら終わりというのは、全世界の周知の事実なのだから、もっと強化しても良いのにな。グリフィンとか玄武神とかあれほぼ露出?していたように見えるんだよなぁ。あーいう面をつけるのか。。


 感応していた二人のうちお一人、真名さんはユーノワが出てきた時点で早々に離脱。ロシアと戦うってわかってたんだからそもそも出てこなくても・・・。
 代わりに慎吾君ががんばってくれました。でも決着が着いた瞬間にパイロットのはずがなぜかシンクロしちゃって肉体的ダメージを喰らってしまいました。真名さんの膝枕が良かったのか、たいしてダメージには見えませんでしたので心配はいらなさそうです。というか心配はしていませんw しかもあんなにひどい有様になって手に入れた情報が、上の方たちはさくっと入手済み?? う、うっちーのがんばりって・・・。

 終わり際、そのうっちーがちょっと形勢が辛そうな場面がありましたが、なんとか切り抜けてくれて良かった・・・。彼女のがんばりだけはみんな認めてあげて欲しいです。戦争に荷担している以上、大人も子供もないといえばないのかもしれない。でもそれでも彼女はまdあ10歳なんだということをわかった上で、会話してくれても、って思います。


 次回はいよいよロシアとの再戦。初めてパイロットたちが見られそうでしたが、どうやって勝利するのか、ちょっと期待です。

"機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ 第10話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント