魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話

 はやてちゃんの覚悟は、彼女のすべてを懸けた覚悟でした。


 序盤、アギトさんの過去がちらっと紹介。この間出てきたと思ったらもう過去が出てきて、しかもなかなか重々しい。。 ルーテシアちゃんとゼストさんは彼女と会う前から一緒に行動していたんだな。目的は今と変わってなさそうだけど、何のために探してるんだろ。


 「命の理由」というサブタイがちょっと読み取れませんでした。はやてちゃんが最後に決意していたあの気持ちを指していたのかどうか。アギトさんにも絡んではいたか。なんていうか日本語が変な気がした(^_^;) けど言いたいことは伝わってきたと思う。


 恐らく今期のフェイトちゃんの活躍場所って、もう「ママ」な部分しかない気がしてきました。。それはそれでも、と思いたいけどもうさすがに、、という気持ちでいっぱいです。ここは切り替えてキャロちゃんだな。うん。仕草が結構可愛く描かれている感じがしてきたので、シフトしようかな。矢先にフェイトちゃんが活躍しだしたらまた揺らぐことは受けあいw

 レリックと一緒に回収した少女はお名前をヴィヴィオちゃんと言い、名前は?でしたがw 良いキャラをしておりました。早くかわいい服を着させてくださいm(__)m あとプロジェクトFなる単語も気になるところでした。エリオ君は別途何かをご存じっぽい。


 はやてちゃんの想い。彼女の想いは決して心に留まっていただけではなく、すべてがきちんと行動として、さらにその行動は結果として残すことができていました。カリムさんの予言もあって、六課は他を圧倒するほどの戦力を手に入れていた。実際の所ほんと期間限定部隊な扱いなのかもしれないな。事が終われば、ある程度は分散されそうでした。

 はやちゃんは自分の命は、様々な人に育てられ、守られて、助けられて、今があると考えていました。もう二度と、あの哀しみと惨劇を繰り返させてはいけない。それを止めるべく、彼女は文字通り全身全霊を持って六課を稼働させ、世界のために立ち上がっていた。
 きちんと彼女自身、自分ができることと、自分だけではできないこと、してはいけないことを把握できていれば、何も不安を感じるメンバーではないと思うから、必ず救われると思います。ただ少しでも犠牲的観点で何か動き出してしまったら、そこには彼女の望む世界は訪れない。それははやてちゃん含めてのこと。
 ラストのはやてちゃんの眼差しは、確固たる覚悟の眼差しでした。


 次回は早速ヴィヴィオちゃんにかわいらしい服が(^.^)

"魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント