ぼくらの 第19話

 馴れ初めです。


 普通に田中さんと一郎さんの馴れ初めが1話丸々で、つまりは美純さんの追悼でした。

 こういったオーソドックスなお話はこれまでも何度かあったため、さして見劣りするようなところはありませんでした。ただ流れていたった、という感想しかなかったかな。


 この間までは切江君のおかげで順調に進んでいた。非契約者である町ちゃんを除いても一人余る計算(であってるだろうか・・・)だったのに、前回で二人失ってしまったため、結局一人足りなくなって、いよいよやはり非契約者である可奈ちゃんが、となっているはずに思ったけどやっぱ数が合わない(汗) もう静観しよかな、見ていればわかることだし(逃w)

 町ちゃんはどうやってもこの地球の人間ではない以上、肩代わりはできないんだろうな。。でもこの前コエムシが今後の予定を話してくれてたけどそれと今起きている状況って一致するかな。無難に田中さんの代わりを決めるとなると保さんだろうな。



 その保さんが今回延々と昔話を順君にしてくれました。どこの部分から彼は泣き始めていたのだろう。はっとするような大きなリアクションは出さずに、ただ声を押し殺して泣いていたシーンは大変よかったと思います。彼の性格であればあの冷静(さを保っているように装う)は尤もな態度だったから。
 にしては可奈ちゃんはリアクション微妙でした。もっと驚きそうな気がしたけど、次のシーン自体がもう町ちゃんになってたから、実はとっても驚いて泣いてしまっていたのだろうか。気になる・・・。


 関さんが最後町ちゃんに話しかけていたのは、何か気にかかることがあったからだろうけど、そもそもあってもなくても、彼女が根源であるのは間違いないのだから、もっと情報引き出そうと動いてもいいのに、って思いました。


 次回はその町ちゃんの過去が明らかになりそうです。いよいよ大元が明らかに!?
 残り5話?だしそろそろクライマックス。オリジナルな終わり方を見たあと、原作を最初から読みたいです。そうじゃないと比較もできない。。

 伝わるかは別として(^_^;)それでもこの作品は伝えようとしていることが最後にまとめられそうな気はします。なので最後まで期待して見ていきたいです。

"ぼくらの 第19話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント