School Days 第9話 「後夜祭」

 みーんな誠君が大好き!!

 でも見ている人たちはきっとみんな誠君が大嫌い!
 今回久々に彼の暴走、そして成り行き任せのヤリたいだけな本能が目覚めておりました。互いが了承すればそれでいいのか・・・。


 言葉は刹那が自分の彼にキスをしているところを目撃してしまった。詰められた刹那は、ただ思い出が欲しかっただけ、もうここを離れるからその前に一つ欲しかったと・・・。しかし言葉にとってはそんなの無関係なことには違い在りませんでした。どんな理由でも自分の彼が他の女とキスするのを容認できるほど、彼女は馬鹿じゃない。今回は彼の意思関与してないし尚更って思っただろうな。まぁ、ぶっちゃけ彼が起きていても受け入れた気がする。。

 既にこの時点で言葉の精神状態はかなり限界だったと思います。平手打ちが飛び出さなくて良かったよ。

 刹那がちょこっと演劇を見るシーンがあったのは良かったですが、恐らくここで彼女の出番は終わりかなあ。演劇のところは、劇の内容が自分のことと重なっていたから、反省?してしまったのかな。ちょっとうまく理解出来ませんでした。


 今回がんばりを見せたのは乙女な心を持つ加藤乙女ちゃん。言葉を虐めながら、自分の恋は自分で掴むんだという乙女な気持ちを持っていました。それに彼女には運も味方していた。偶然暇を出された彼と会えたんだからね。

 彼と緒に学祭を回ることになった乙女ちゃん。最後は休憩室にて彼と・・・。しかし誠君はフォークダンスは世界とあっさり!!(^_^;)
 結局誠君は、加藤さんとはそれっきり?で、言葉さんの所は一度も行かずで。さらにその頃言葉さんはなぜか泰介君に抱きしめられていて・・・。いつ彼女の瞳の輝きが失われるか楽しみで怖いです。もう誠君を見ていても何もこの作品おもしろくないからw


 言葉が窓口していたお化け屋敷のその奥。そこで彼女が「自分の彼だ」と断固として譲らない誠君が、自分を虐め抜いてくる乙女ちゃんとあんなことをしているなんて、言葉は知るよしもない。万が一知ってしまったらさすがに、って思うけど、、
 泰介君の強引な訴えで、自分自身気づかないようにしていた自分の気持ちを、気づかなくてはいけないと理解してしまったかもなあ。


 今回はゲームからのリミックス曲2つとも流れました。1つはEDにてみな実さんの「あなたが・・・いない」 もう一曲は劇中、加藤さんと学祭回ってたときに桃井さんの「Let Me Love You」が。

 ゲームのEDはアニメと同等、ものすごく良い曲ばかりで、しかも偶然当時ライブで(OP以外)全曲聴けたというのもあって、思い入れ一入です。特にみな実さんの曲は何度も聴いたなぁ。ゲームをやっていても彼女のEDばかりに進んでしまってそして・・・。

 あぁ、そういえば心ちゃんのお友達の卯月ちゃんがSummer Daysから?ご登場されていました。彼女は彼女でまたいいお話ですw


 次回「心と体」

School Days ヴォーカルアルバム
School Days ヴォーカルアルバム

"School Days 第9話 「後夜祭」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント