げんしけん2 第2話

 責任者がやるべきこと。それは責任を持つことであり、責任を取ること。


 今回からOPがつきました。曲はかっこいいのだけど絵が何んともw やりたいことわかるし、やりたいようにやっているだけあってウケはどうなんだろ。やっぱ最近だと「ガンダムはこうじゃなきゃ」みたいな雰囲気になってんだろーなー。どこにも惹かれないw
 同じ物が見たければ、同じ物を見ればいいじゃん、って思ってしまいます(^_^;)

 なんてことはこの作品には直接は関係ないことw 今回はあっというまにコミフェス目前まで進みました。でももうすぐで締め切りだというのに、ぜんぜん本ができていない。

 明らかにクガピーが悪いのは何も語る必要はなく、そこはもうとやかくいうことではなくて、問題はやはり笹原君でしかありませんでした。
 責任者の取るべき行動。彼は恐らく最善を尽くしていたと思う。あの場で感情的になってしまうことも仕方ないと思う。あの状況下で反省もしてくれない相手に対してどう、冷静に話せるものか。

 でもそこで終わってしまっては彼もクガピーと同レベルになってしまう。彼との違いは、彼は責任者であるということ。そこを今回、斑目さんや、春日部さんにフォローもらえて、ようやく完成までたどり着いていました。

 いわゆる支えられるリーダー。それでもいいと思う。みんなでやってることなんだから。彼は確実に今回の一件で成長しただろうな。いい体験をした(^_^)


 やる気を起こさせる努力も、不本意って思うかもだけど責任者がやるべきことの一つだと思います。どうやっても使えないのは使えないだろうけどw そんなのって滅多にいない、って思いこんで(^_^;) 最初から負の方に決めつけて見ちゃいけない。そうなると「見い出す」ことも、リーダーの努めになるんだろうな。

 ただまとめるだけがリーダーではない。それはたぶん学級委員クラス(^_^;) ささやんはとってもがんばったと思いました。あと春日部さんにも感謝だなあ。彼女こそがサブリーダー気質の典型だ。


 殺伐とした状況の中、とにかくおぎっぺがかわいくてしょうがありません。大野さんがぶっちゃけ田中さんに傾いている以上、なんか彼女の魅力が光って見えてきた。これは乗り換えの時代か・・・w


 彼らの作成した同人誌はどこかで見れるのかな(^_^;) 適度なエロさもまた、よかったです。


 次回は速攻でコミフェス当日。売れるのかな。
 予告のカラオケ談義は一考の価値ありでしたw もうちょっと話し合いを聞きたかった(^_^)

WEB拍手を送る

げんしけん2 第1巻
げんしけん2 第1巻

"げんしけん2 第2話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント