俗・さよなら絶望先生 第5話

「少しは雨露を凌げそうですか?」

 

 理系 文系 体育会系

 この世のすべてこの3分類が可能である。が、その境界今、徐々に朧気、不確かになりつつあるという由々しき事態を今回、糸色先生は解いてくれました。

 文武両道ほど憎まれることはないw 何かができる人は、必ず何かができないようにしなきゃ、人はその人を妬み、心の底から敬うことをしなくなる。絶対じゃないけどw そういう流れができやすい。
 体育会系だけはなぁ。何一つ、合わない気がする。。


 Bパートでは福袋への非難。近年多く見られる福袋抗争。その異常な過熱ぶりは、よく取り立たされているだけに、ここは納得なツッコミネタでした。だいたい福袋について深く考えた事なんてないし、中身が見えない袋がそうだ、って思っていたのも単なる思いこみだったのかも知れない。けれど「これが入ってます」って言ってるってことは、先生のいうとおり単なるセット販売でしかない。福がどこにあるのやらさっぱりわからない。そこまでして競争率を高め、もしも得られたら、その「買えた」という事実に対しての「福」とでもいいたいんだろうか。

 あびるちゃんが持っていた福袋は気になったなぁ・・・。入り過ぎです。。だいたい隣の女子大生ダレなんだよ・・・。


 Cパートは愛ちゃん。
 人は、他人のため、と思って行動していたとしても、それは結局自分のための行動でしかない。真理でした。

 恩着せがましい人、事が増えているっていう背景は、あびるちゃんの言う通りに、恩を恩と思わない人が増えているからかもしれません。携帯とかは商売であって、恩も何もないのだけれど、過剰なのは確か。
 人はその行き過ぎた結果、ツンデレになるのだということが判明いたしました。ありがたいお話です。デレは想像で補えるものだ。沙緒里さんがかわいいから文句なしっ



 さりげなく新ED。良きセンスでした。相変わらずこの作品の曲はどれもが作品にフィットしていて素晴らしいの一言です。アニメはこれからもこうであってほしい。

 ロドリコ怖い・・・。

WEB拍手を送る

空想ルンバ
空想ルンバ

"俗・さよなら絶望先生 第5話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント