true tears 第7話

 想いに気づく彼女と、気づかされた彼。


 物語も大変おもしろいのだけれど、それと同じくらい画が素晴らしいので、1度見ただけじゃどっちも中途半端になってしまう(^_^;)


 眞一郎君は改めて今の人物相関を頭で見直しました。自分は比呂美が好き。乃絵は自分が好きかも知れない。比呂美は・・・。
 さらにここには愛ちゃんも加わっていて、愛ちゃんは眞一郎が好き。三代吉は愛ちゃんが好き。4番は今のところまだ?その他w

 見ていて一番気になるのは愛ちゃん。それが今回ぐっと進み出していました。溢れてしまった。


 三代吉からのメールに「眞一郎からかも!」と思って見てみて、三代吉君からだったとわかり、「がっかりした」自分がいた。そのがっかりしていた自分が、もう今の自分の気持ちそのものなんだと彼女自身、とっくにわかっていました。その時の彼女の表情の変化、アニメとしても大変良かったシーンと思います。


「俺には、愛ちゃんしかいないから」

 三代吉君。さすがに堪えていました。。切なすぎます・・・。彼は何も、何も悪くないのに。「恋愛ってそういうもんだよね」って片付けられる1ストーリーなのだろうけれど、切なさがどれもこれも同じなわけじゃない。あぁ、彼は本当にいい奴。。


 同時期に、眞一郎に対して恋に気づいた乃絵ちゃん。豹変ぶりがたまらなくかわいかったです。眞一郎君だって別に軽く乗り換えたわけじゃなくて、振り向いてくれない人を追いかけるよりは、見ていてくれる人を見ている方がきっと幸せだと思っただけのこと。だから今後、比呂美ちゃんが同じく、自分を見てくれていたと気づいたら、またあの相関に戻ることでしょう・・・。


「ちゃんと言って。好きだ、って」

 そんなこと女の子に言われて、それで真正面から、

「乃絵が好きだ。」

 と、答えた眞一郎君。見ている側は大変恥ずかしさで一杯だったけどw 男でした。顔が真っ赤になった乃絵ちゃん。石で意思をw 気持ちを書いた眞一郎君。恥ずかしさ満腹でした。


 今、泣きたいわ。
 どうしてかしら。
 哀しくなんてないのに、とっても泣きたい。
 幸せなんだわ。
 きっと、幸せなんだわ。


 寒い寒い、雪の降るお昼休み。二人の気持ちは一つになっていました。
 しかしその日の放課後、愛ちゃんは思わず彼にキスして、想いを・・・。


 ここ最近見たアニメでのラブストーリーとしては稀に見る恥ずかしさw が、それをほとんど感じさせないおもしろさがあります。登場人物一人ひとりの心の描き方。台詞の秀逸さ。輝き高まってきたこの盛り上がり方。どれもこれも素晴らしいです。毎回がおもしろい作品は今期やはりこれが一番だなぁ。DVDというよりBlu-rayを待とうかな。


 一連の変化を、比呂美ちゃんが知った。そんな次回かな。

WEB拍手を送る

true tears vol.2
true tears vol.2

"true tears 第7話" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント