キミキス pure rouge 第23話

「今日の試合でゴールを決めたら」


 物語はいよいよ終盤というポイントでありながら、小さなおもしろさが多々鏤められていました。いや、うどん認められてほんと良かった(^_^)


 トモちゃん、摩央姉ちゃん、そして甲斐君w のメイド服は実によかったです。トモちゃん、というか川澄さんが可愛すぎてて、すっかり看板になっていたのもおもしろかった。あれはかわいい。

 うどんも土壇場でおじいちゃんに認められたり、ホラーハウスでの意表を突いた?祇条さんのコスプレ。映画の大成功(ほんと良かったよ柊君!) さらにさらにここで栗生さんのややデレ。遅いってw 思ったけどちょっと良かったです。しかも映画見て号泣。。も、もっともうちょっと彼女のお話を見たくなりました。もう終わっちゃうのが残念です。


 終始、光一君と結美ちゃんはラブラブでした。見ている方が恥ずかしい、純粋で清い交際に見えました(^_^) あんな学園祭、羨ましい限りです。
 なのにアイツはw サッカーの試合を見たあと、摩央姉ちゃんをじっと見つめるという行為に・・。隣には結美ちゃんがいるのに!!
しかも結美ちゃんはそのことに気づいていながら、何もいわずにあの笑顔。彼には少しもったないない彼女なんだとわかりました(^_^;)

 でも光一君だって、もちろん結美ちゃんだって摩央姉ちゃんだって、誰も悪くはないんだよね。良い悪いじゃない。ほんとなるようにしかならないとしか言えません。。


 とても楽しい時間だった中、唯一二見さん、そして明日夏ちゃんだけはシリアスな表情が多かった。明日夏ちゃんはわかるんだけど、なぜ二見さんが・・・。なぜ二見さんサッカーの応援に行かないのだ・・・。

 と、思ったら二見さんは実は観に来ていて、明日夏ちゃんのシュートも、相原君との会話しているところとか見ていました。

 明日夏ちゃんは見事シュートを決め、相原君に意を決して告白っ

 彼女らしく、ストレートではっきりと真っ直ぐな告白でした。ある意味男らしい(^_^;) ずっと「相原!」だったのが途中から「相原君」になっていたから、かなり違和感がありましたが、彼自身気づいて、、なかったんだろうな。男勝りだけど彼女だってピュアな乙女。恋する乙女でした。最後のキス、捨て台詞w も果てしなくかわいくてかわいくて最高でした。いくらでも後悔させてやれと同感w

 彼女の報い(^_^;)を受けたかのように、相原君は待ち合わせの場所に二見さんを探すも、彼女はいませんでした。理科室からも、彼女の姿消えていた・・・。


 重要な部分がすべて置いておかれて、その他すべてがまとめられていました。
 残された恋の行方は、すべて次回の最終話で。楽しみでなりません。


 かなりいろんな波ある作品でしたが、自分は楽しめて見てこれました。もっとあーしたほうが盛り上がるのになぁ、とか思う部分もありました。毎回に盛り上がる場面があったわけでもないし、絵がきれだったわけでもない。歌もできれば使い分けとかしてほしかった。などなど(^_^;)
 それより何よりも、作品が純粋な恋物語になっていったことが良かったです。途中まで1クールと思いこんで見ていたのも(勝手にw)嬉しくなってました。

 果たして次回、誰が幸せを掴むのか。それとも誰も・・・。気になる予告だっただけにいろいろ心の準備がいりそうです。。

WEB拍手を送る

キミキス pure rouge 3
キミキス pure rouge 3

"キミキス pure rouge 第23話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント