咲-Saki- 第9話

常に閉じていたその風越 福路美穂子の右眼がとうとう開く。


 序盤は優希ちゃんのタコス不足からくるもどかしさばかり目立つ試合運びでしたが、後半は風越 キャプテンである美穂子さんが本領を発揮。鮮やかなまくし上げで勝利を収める形となりました。


 決勝がどれくらいの時間戦うかも頭から抜けていた優希ちゃん。彼女にとって"時間"は他メンバーに比べても最重要ポイントなのに、なぜ忘れてしまっていたのか。それほど見た目からはわからない緊張に包まれていたんかなあ。

 そして頼みのタコスが、龍門渕高校 井上さんに食べられるという非常事態が起きてしまってからはもうどうしようもない展開が続き、やっとタコスがきたと思いきや、既に勢いは引き戻すことはできませんでした。

 その後、本来の自分の役割が何かを思い出し、気分一新、椅子ぐるぐるで(^_^;) 心入れ替えた後、さりげなく美穂子の右眼が開眼。 彼女の右眼はとてもきれいな瞳蒼色。オッドアイでした。

 風越が味方に?と誰しもが惑わされたのも束の間、それからはもう風越の怒濤の攻撃であっという間に試合終了。さすがキャプテンだけのことはありました。あの場で勝とう、なんて思ったが最後、初めから勝負は見えていたんだな。やるべきことは、いかに点差を開かれずにその場を切り抜けるか。ただそれだけを最初から貫いていれば、試合運びはつまらなくなったかも知れないけど、団体戦としては文句なしの戦いができたのかもしれない。


 Cパートではようやく天江衣ちゃんが元気に現われました。キャストは柊つかさ役、福原香織さん。。。わからなかった(^_^;) キャラぜんぜん違うから仕方ない、、よね。。


 予告は何をおっしゃっているかさっぱりでしたが、次回は次鋒 まこさん!!

WEB拍手を送る

"咲-Saki- 第9話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント