ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破

今度こそ、と願う彼の心にある望みと未来には、誰がいるのだろう。画像




















 「序」からおよそ1年半。今回はわざわざ遠くに出向かなくとも、多数の劇場で公開されていたため、最寄りの映画館で難なく観ることができました。もちろん今回も平日。今回は実にゆったりと、リラックスして。

 TV版での、という語りがもうできないほどに内容は変化してきていて、敢えて7~19話に当るといえば当るのかな。

 「序」での見せ場はなんといってもラミエル戦。今回の「破」では序盤に空 サハクィエルとのエヴァ3機同時作戦を、中盤に参号機こと、霞 バルディエルとの戦いを。そしてラストにははずせない、力 ゼルエルとの決戦を、ともうお腹いっぱいでした。だいたい使徒の名前すらこれで合ってるのかどうか。7番目は最初、雨 マトリエルに見えたけど、全然違う、なんとも美しい形体だったなぁ。

 これを何のストレスもなく観ることが出来る。一体何がどう作用して完成されているのか。この期に及んで全く理解不能でした。あまりに好き過ぎて見失うパターンですw


 期待の新人、マリちゃん@真綾さんは想像を超えるもので、何とも説明は不足なまま、溶け込んでいましたし、各キャラ、性格もだいぶ緩和、軟化?かな。とにかく会話するようになっていました。それほど当初この作品、対話なんてあってないようなもんだった。
 どれもこれも監督の今の心情と捉えてよいのか、それともエンターテイメントに徹したのか。

 構成自体も、昔なら回想場面なんか一切入れてなかったのに、わかりやすく入っていて、もう「アニメファン」向けではなく「エヴァファン」向けにシフトしているように感じました。自分はどっちにも当てはまる方なので(^_^;) ただただ感動するばかりw 3つの大きな戦闘でまた泣きそうになりました。思えば14年前・・・、って、また過去の話を書いてもめんどいので、割愛w

 もうほとんど新作だったんでこれは製品が発売する前に、もう何度か観たくなる気持ちわかります。あと2,3回は是非みたい。近くでやってるってのも大きいです。


 まずは1回目、として印象強く残った場面というと、サハクィエル戦 作戦開始時のミサトさんの、かつてなかったほど静かな「発進」という台詞。もうここら辺から震えました。もちろんなんか「破」を代表する言葉になりかけてる「ぽかぽか」もかわいかったし、林原さんによる挿入歌も泣きそうに。
 LCLを液体であるという描写も細やかに追加されていること。相変わらずの躍動感。人間くさい動き。食事会という1つ追加されたイベントのおかげで、より、落差の激しくなりかけた別れ。
 満を持して登場のマーク6と呼ばれていた6号機。最後のカヲル君の、

「今度こそ、君だけは幸せにしてみせるよ」

 言葉(こんなんだったはず、、)。期待は高まるばかりです。今度の前っていつのことをいってるんだ、カヲル君!!



 今回何よりも嬉しかったのはアスカ。彼女の心の描写があまりに細かく、淋しく、独りであるとともに、その変化の様。何を楽しいと感じるようになったか。会話の中での気持ちの変化。戦いの中での彼への気持ち。教室でのやりとり。決心。そしてプライド。どれもに命を感じる描写となっていて、泣きそうに。さらにその演者である宮村さんの、これが彼女の力、といわんばかりの表現豊かで、何よりも彼女がアスカであることを如実に感じられる力量。彼女の成長、こそが、今回の劇場版で得たもっとも大きな変化に見えました。


 非常に濃いお話だったことには違いなく、最初から見てきて良かったとまた思うことできました。

 次は3、そして4作目。急は「Q」に変っちゃってましたが、果たしていつ頃見られるのか。同時といわれている4作目のサブタイはなんだろ。また気長に、どれほど期待しても、現実は遙か高見にあると信じられるこの作品。楽しみです。
 まさに破壊の2作目。次が楽しみです。


 帰りに予約していたサントラを購入。なんかAmazonでも予約してたみたいで(汗)こっちは明日・・・。き、記念に保存用だ(泣)

WEB拍手を送る

"ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント