フレッシュプリキュア! 第28話

大切な想い出。
いつまでも忘れない大切な大切なおじいちゃん。



 そう、ラブちゃんのベッドは畳。1話だか2話で変わってるな、と思ったっきりでしたが、まさかここに繋がるとは思いも寄りませんでした。そしてラブちゃんのお名前の由来も。軽く衝撃でした。


 ウエスターさん、アジトであるあの館にいるときでさえ、西隼人さんの姿でかき氷食べまくっていました。あっちの方が気に入ったのかもしれないw 早く3人目を連れてきてくれないと、もう取り返しのつかないほどおもしろキャラになってしまうよ。


 今回は早々にナケワメーケが登場し、なんとラブちゃんを10年前のクローバータウンストリート。つまりは当時でいう「四つ葉町商店街」と呼ばれていた時代まで飛ばされてしまい、お話は始まりました。

 ラブちゃんはおじいちゃんのお話が出たときに、ふと、やり残していることがあった感覚に襲われました。大好きだったおじいいちゃん。なのに記憶はとても曖昧で、何もおじいちゃんにしてあげられなかったのではないか、と。

 10年前。おじいちゃんは一生懸命働いていた。愛を持って仕事をしたいから、職人としての心を忘れずにずっと手作業で畳を打っていました。

 多くの人に喜んでもらいたいから。

 それは商店街みんなが持っている大きな、とても大切な愛ある気持ち。おじいちゃんはその気持ちをラブちゃんにも受け継いで欲しいと願い、「ラブちゃん」と名付けてくれていました。英語だとより多くの、日本以外の人にも伝わるんじゃないか、って発送、とても素敵に思います。これまた最初はラブってまたすごい名前だと思ったのに、今こうしておじいちゃんのお話を聞いてからだと、ものすごく良い名前に聞こえる(^_^;) 名前に込められた想いが、わかったから。


 おじいちゃんはシフォンの力によって、ラブちゃんが別の世界から来たことを悟り、ラブちゃんに戻るよう言ってくれました。おじいちゃんが気づく、というパターンがまた良かったなー。いつでも、いつまででも、おじいちゃんはラブちゃんの側にいて、ラブちゃんを一番わかってくれる。そんな気持ちが伝わってきました。


 現世界へ戻ってきたラブちゃんは3人と協力して見事ナケワメーケを倒すこととなり、サウラーさんはうまいこと言って撤退。結局ウエスターさんかき氷食べて終りw おいしいキャラだ・・・。


 時期的にもあっていたと思うし、とても素敵なお話でした。正直ナケワメーケって何でもありなんだな、ってことがわかったことが一番大きいかも(^_^;) まだ2クールもあるという喜びと共に、より楽しみが増えた感じです。


 次回はもう特に、今となっては気にも留めていなかったカオルちゃん回だ。もうなんだって驚くことはないです。戦ってたなーw

WEB拍手を送る


フレッシュプリキュア!【1】 [DVD]
ポニーキャニオン
2009-06-17

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


"フレッシュプリキュア! 第28話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント