懺・さよなら絶望先生 第12話

開けなくてもよいもの。


 シュレディンガーの猫。存在する可能性が複数ありながら、その複数は同時には確認することは不可能な状況。専門的に、それでいてわかりやすく説明してくれると、より可能性という名の視野が広がりそうで、ちょっと頭よくなった、柔らかくなった感が得られそうでむずがゆい。
 1つ目はそんな並行世界という名の、単なる妄想世界が繰り広げられていました。これといって、ですw
 しかしながら景兄さんの嫁の下りは、千里ちゃんのおかげでおもしろかったです。巨大な白き翼を持つ嫁。まだちょっと早いね。
 最後はいつも通り、その千里ちゃんによって猟奇ED。可符香ちゃんもクラスメイトなのに、シュレディンガーの教室に入っていないとは不思議。

 二つ目は校庭に落下したミサイルを、見て見ぬふりをしようとする、2のへのみなさんという図。いつになくよく動き、それでいて全メンバー出ているのでは、という豪華なお話でした。最終的にはみんなで夏祭りのように踊って、さのすけが爆発。シュールさでいうと今期一二を争う出来ではなかっただろうか。爆発オチ、別に嫌いじゃないし!

 三つ目は前回?の続き。インフルのせいでラーメン食べたいのに外出れなくて、仕方なく自宅拡張せざるを得なくて、どんどん隣家を買い取り続けていた倫さんのお話でした。そういえば。

 最終的に学校も買収地になって、これで家から出ずともみんな勉強できるね♪ って終わり方おもしろかったなー さらに買収した土地は倍額で国に売れて倫さんも儲かって一石二鳥一件落着。


 絵描き歌はMAEDAX Rさんと立木さん。描いていたときと引きの絵全然違ってたMAEDAX。もういいやw


 名残惜しくもこちらも次回でおしまい。ラジオも2年も続けば、ってところ。続きは単行本に付くDVDになりそうだし、4期はもうないだろうなぁ。これを機にそろそろ単行本揃えようかな。

WEB拍手を送る


懺・さよなら絶望先生 第一集【特装版】 [DVD]
キングレコード
2009-09-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


"懺・さよなら絶望先生 第12話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント