夢色パティシエール 第36話

発表された決勝戦のテーマ。
いちごちゃんを支えるのはスイーツ王子だけではありませんでした。


 さすがに決勝となると、そうそう簡単に特訓すらさせてくれない。テーマ発表はされたものの、それは「当日発表する」というもの。つまりは何もわからずに、挑むこととになりました。

 毎回テーマに見合った特訓をしてきたいちごちゃんにとって、総合力が試される今回の試練はあまりに不利。だがそれは、編入してきた時点から、何一つ変わっていないのも事実。彼女は最初から見えていたハンデを承知の上で、それでもスイーツ作りがしたいという強い思いでこの聖マリーに来たのだから。

 最初は高等部の教科書を頭に詰め込もうとしたけれど、会長には「それではわたしには勝てないわ!!」と、一喝。きたえりのこの厳しい、鋭い声がまた溜りません(^_^;)

 いちごちゃんはバニラに励まされつつ悩んでいたら、ふと、妹から電話がかかってきました。グランプリ決勝のことは家族には何も告げていなかったんだ、というのはちょっと驚きでしたが(^_^;) 優しい家族からの応援。パパさんの気持ちはかなりわかるw お母さんも聖マリーに送り出す、って決めてからは120%応援してくれてて、本当にいちごちゃんの支えになっているんだなぁ、と感じました。

 話している中、妹なつめちゃんも今度ピアノのコンクールがあると聞いたいちごちゃん。思い切って彼女に相談し、自分が今やらなくてはいけないことを見出すこととなりました。

 直前の特訓。これまで散々やってきたけどw もう付け焼き刃が通じる状況ではない。なら、以前飴屋先生が教えてくれた時と同じように、残りの時間は今自分が持っている能力を磨く他ない。いちごちゃんは高等部の教科書での勉強ではなく、基礎練習を続けることを、残りの時間にあてがうと決めた。

 なつめちゃんからの助言を受けて、彼女は自分でどうするかを決めたこと。さりげないけれど、樫野君のいうとおり、これは大きな成長でした。どうするか悩み相談して、結果を自分自身で選択して実行する。自分で決めたのだから誰のせいにもできない。いちごちゃんは後悔しない道を選んだと思います。

 頑張るパートナーを何とか手助けしてあげたい。その気持ちはスピリッツたちも同じでした。彼等はみんなでスイーツ王国に戻り、いちごちゃんたちのためにスイーツを作ってきてくれた(^.^) バニラがまたすごい顔だったのは笑えました。彼女の顔も自在過ぎですw 何より会長の笑顔が見られたのが良かったなー。会長やはり可愛い!!


 次回、いよいよ始まる決勝・・・、んー、まだかな(^_^;) しかし次回には会長の幼女姿がっ!! これは早起きしなくてはなりません。

WEB拍手を送る

夢色パティシエール 4 [DVD]
SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D)
2010-06-03


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

"夢色パティシエール 第36話" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント