花咲くいろは 第5話 「涙の板前慕情」

頑張っている人を、心から応援したい。


 徹さんがなぜか福屋の結名ちゃんと!?という、見てはいけない場面で終わってしまった前回。お話は小説家さんのせいでw 徹さんが引き抜きになった、ってとこまで発展していきました(^-^)


 もちろん一番ショックを受けたのはみんち。彼女は彼がいなかったら、喜翆荘で働くことができていなかった。彼には恩義もあるし、それからの師でもあり、何より人としても尊敬していて、好きにもなっていました。もはや今の彼女にとってはなくてはならない存在。緒花ちゃんのいうとおり、彼がいなくてはたぶん、彼女は「だめ」になってしまう。

 緒花ちゃんはどーしてもそうなってはいけないと思い、奮闘してくれました。彼女は彼女で、別にお節介なことをしようとしているわけではない(結果的にはおせっかいかもだけどw) ただみんちを見て「頑張ってる」って思ったから、頑張ってる人は応援したくなるから、だから彼女は単身、福屋へ乗り込んで真実を知りw くたくたになって戻ってきた。今回の結名ちゃんの方言は博多弁でした。これがまたやっぱりかなりな可愛さ。戸松さんの可愛さはもうどんどん上がっています。いや、最初から可愛かったんだけど、ここのところますますです。

 ちゃんと戻ってきた徹さん。でももし自分が本当に引き抜きにあっていたら?、という問いに、蓮二さんは無言でした。そこで彼は彼で今回の一件で、知ったことはあったみたいだったなぁ。
 他人に認められるために頑張る。それは褒めてもらいたいとか、頑張ってるね、っていってもらいたい、ってのも、一つかもしれない。あと誰にでも認めてもらいたい、ってのもあるかもだけど、本当は自分が認めてもらいたいと思う人に認めてもらえることが、その人だけに認めてもらえれば、それで嬉しいもの。みんちも、徹さんも、機会にはなったのかもなあ。


 お話としてはこれといって、だったけど(^_^;) 絵が変わらずきれいで可愛くて、動きもすごい頑張りが見受けられました。アニメーションとしての価値はやっぱり高いと思います。

 次はなんかイヤな感じ?なおばさん出てきたけど、電話で話してた方?

花咲くいろは 1 [Blu-ray]
ポニーキャニオン
2011-07-20


Amazonアソシエイト by 花咲くいろは 1 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"花咲くいろは 第5話 「涙の板前慕情」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント