輪るピングドラム 第8話

すべては陽毬のため。すべては桃果のため。


 Project-M。それはマタニティのMを意味してのM。苹果ちゃんは最終強行手段へ。一度目は多蕗さんの行動を把握しておらず夜這いは不在に。なんで布団にダミーっぽい人形を詰め込んでいたのかは謎・・・
 二度目は睡眠薬で眠らせて、って作戦だったけれどあと一歩の所で邪魔が入って失敗。さらに手帳を何者かに半分?奪われ、さらに車に惹かれそうになったところを晶馬君に助けられるという、思いも寄らない惨劇となってエンディング。。

 MarriageではなくMaternityのMだったんだ。。もうとっくの昔からシャレにならん展開。ストーキングの極みに達しています。もう最初の最初からとっくに犯罪です。。
 しかし彼等兄弟はそれを黙認してきた。もちろんいつもの「陽毬のためだから」でしかない。特にやっぱ兄の強行さ加減は容赦無いな・・・晶馬君はもうかなり引き気味。あれが普通の反応だ(^_^;)

 苹果ちゃん、さらに追い打ちをかけられるかのように、偶然、父親の優しい笑顔を見てしまいました。その笑顔の先にいたのは、見知らぬ子供と見知らぬ女性。もしかするとあの3人は家族なのではないか。いや、知らない人が見ればどうみても"仲のよい"家族にしか見えない。。

 彼女が運命を自らの手で手帳に書かれていた通り実行しようとしていたのには、桃果ちゃん、という姉の存在がありき。その運命が実現しなければ、家族はばらばらになってしまう。
 それは絶対いやだから。
 だから彼女はまさに人生をかけて、手帳の行動を取り続けていました。なのに、手帳の通り実行しているのに(だいぶ意訳している箇所は多いけどw)家族は全く持って一つなるどころか、どんどん離れて行ってしまっている。

 いよいよもうどうしようもないところまで来た感じです。苹果ちゃんはもちろんその手帳の通りにやったって・・・、ってことはわかっていながらやっているとしか思えない。それでもやらなくてはいけない。やらなくては彼女はもう、自分を保てないところまできているんだろう。。
 苹果ちゃんは手帳をどうするのか。ディスティニーは遂げられず、晶馬君は無事なのか。ぺんぎんたちはもうただそこで生活しているだけなのか。

輪るピングドラム 1 [Blu-ray]
キングレコード
2011-09-28


Amazonアソシエイト by 輪るピングドラム 1 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"輪るピングドラム 第8話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント