BLOOD-C 第十一話「たれをかも」

なんにも、ないでしょ?


 次回で最終、となる今回で、すべてが明らかになりました。もうこれ以上ない、ってくらいの落差を味あわせてくれたw 意図通りの展開と思います。

 眼の前に死んだと思われたねね・ののちゃんが現れたかと思いきや、その言葉遣いは考えられないくらいに汚くて、まるで別人でした。けれどそっちが本性。これまで、小夜ちゃんが知っていたのの、ねねちゃんの方が「演じられた」姿。つまり、小夜ちゃん以外すべての人々は「演じられた」人々。大掛かりな芝居、あるプロジェクトの中でのお話。

 でも先生は少しそのプロジェクトからはそれた行動をしていて、のの、ねね、時真は早くこのプロジェクトを終わらせて、各々の願いを叶えようと、ルールを破った。
 もちろんそれはバレててw もちろんその首謀者は喫茶店の店主、七原文人、その人。


 劇中でもくどく言われていたように、ここまで長くする必要性がどこにあったのか、は気になるところでした。物語前半で明かして、後半を本来の話に、という構成もできたはず。それともその後半ってのは映画、ってことかな。

 毎回毎回血をすすっていた場面はカットしていた、ってのはまた衝撃的でした。今回出てきたでっかい古きもの?は、福山さんだったりかなぁ。今回さっぱり出てこなかったけれど・・・

 開けてみればこれかぁ、って展開ではあったけれど(^_^;) 記憶が戻ってからのお話が見たいよ、ってなったなぁ。たぶん90分アニメとしてまとめるのは容易に思うのでw 劇場版は単に総集編、という可能性もなくもないか・・・もしかしてそのほうが良かった、っていう出来になってもおかしくない気が(*^_^*)

 なんにせよ次回でTVシリーズはおしまい。壊れてしまった小夜ちゃん。文人を許す訳にはいかない・・・

BLOOD-C 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス
2011-11-23


Amazonアソシエイト by BLOOD-C 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"BLOOD-C 第十一話「たれをかも」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント