機動戦士ガンダムAGE 第4話

白い牙と呼ばれるエースパイロットと、ガンダムを賭けての戦い。


 子供だから、という点を用いているからこそ、戦いの基本、戦争の常識なんかは一切この作品の「今」には通用しない。MSの操縦は単に「機械」の操縦であり、能力に長けていれば、戦いにももちろん勝てる。その考え方が、彼の始まりのようでした。

 エースパイロットであるウルフ・エニアクル。彼のいうことはごく一般的な兵士のそれと同じであり、彼等以外の言動は、どうにも物語から、「ガンダム」から遠のいて感じてしまってならなかったな。ますます「ガンダム」である意味を、成していない。「ガンダムの常識」を覆す必要性は皆無なのだということは、わかっているのだとは思っているんだけれど・・・。

 ウルフに助けられて、やっとディーヴァに戻ったフリット。けれど、彼が最初にした行動は、敵艦隊のことを報告するのではなく、早く武器よこせ、の一言w さらにあろうことかミレースさんに逆切れ?気味。今後ミレースの扱いを適当にしてきたらもうアイツは許しません。どんだけ彼は自分の力を過信しているんだろう。先の戦闘だってユリンがいなくては絶対に死んでいたんだということ、なぜ気づけていないのか・・・ そこが今の、彼の力の限界ということを、描きたかったのかな。思っていた以上に序盤でストレスが溜まっていくアニメになりそうだなぁw


 ガンダムのパイロットになるため、フリット君はウルフさんと模擬戦。その最中に鉄器と接触してしまい、事態は急変しました。どうやら連邦側は彼等をレーダーで捉えることができない、という致命的ハンデを背負っているみたい。どーやって戦争やれるんだろう。。

 けれどグルーデックさんはそこから、UEの正体に当たりを?つけられた様子。早々にこの問題を解決しない限りには、なんだ、ずっと目視により監視を続けないといけないってことだな。

 次回はまた子供が登場。ネーミングセンスはさておき、彼との出会いでフリット君はどうなってくれるのか・・・
 
機動戦士ガンダムAGE 第1巻 【豪華版】(初回限定生産) [Blu-ray]
バンダイビジュアル
2012-02-10


Amazonアソシエイト by 機動戦士ガンダムAGE 第1巻 【豪華版】(初回限定生産) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"機動戦士ガンダムAGE 第4話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント